2018京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

工学部地球工学科

プロフィール:

こんな人におススメ!

・生活を支える基盤作りに関わりたい人
・環境問題に関心がある人
・新しいエネルギーに興味がある人

何を学ぶところ?

京都大学工学部地球工学科は、資源・エネルギーの確保や利用に関する技術・知識を学ぶ資源コース、生活を支えるインフラストラクチャーを扱う土木コース、循環型社会創造のための技術・知識を学ぶ環境コースの3つのコースによって構成されています。人々の生活に根ざした視点から、より良い生活を送るために必要なものを考える学科であると思います。地球工学科で扱う分野は幅広く、橋の設計や都市の計画、環境対策や新エネルギーの開発など人々がこれから生きていく上で必要不可欠なものを扱っています。また地球工学科では自分が専攻していく分野の専門科目だけでなく、そのほかにもさまざまなことを学んでいきます。そのため、自分の知らないことがたくさん出てきて戸惑うこともありますが、その分教養が深まり、人としての“深み”が養われます。
地球工学科ではコースごとに研究する内容が違ってくるのですが、コース配属されるまでの1、2回生ではすべてのコースの専門科目を学ぶことができます。それらを総合的に扱っていけることは本学科の大きな魅力であると思います。

志望したきっかけ

私が中学生の頃、東日本大震災が起きました。東京で過ごしていた僕は、何も罪もない人々が被害を受ける様子を見て、やりきれない気持ちでいました。その頃から防災に関わる仕事に就きたい、という気持ちを持ちました。そして、高校3年生のころには御嶽山の噴火が起こりました。志望学部を絞れていなかった僕は、中学生のころに思ったやりきれない気持ちを思い出し、そのころから防災研究所に進める京都大学の工学部地球工学科に行きたいと思うようになりました。

わたしと工学部地球工学科

上で述べた通り、地球工学科では人が生きていく上で必要不可欠なもの、たとえば道路や橋、エネルギー、そして地球環境などを取り扱います。耐震工学や防災リスクマネジメントなど、私が中学高校時代から携わりたいと思っていた「防災」に直結する研究もさまざまな方面から行なっています。このように人の生活を根本から支えることに関わる勉強をしていることに、やりがいを感じています。
 現在僕は地球工学科の3つのコースのうち、土木工学を扱う土木コースに所属しています。土木コースで現在は座学のほか、週に2回実験と週に1回大学の近くの鴨川で測量をしています。実験では、吉田キャンパスだけでなく防災研究所のある宇治キャンパスや桂キャンパスに行き、大規模な実験を見たり、行なったりしています。毎週新しい発見に満ちていて、とても充実した生活を過ごしています。こうした実験のどれも、僕たちの生活の基盤に関わるものなのでやりがいにも満ちています。
 まだ地球工学科に入って3年目の僕ですが、大学入学前から関わりたいと思っていた防災関係のことはもちろん、地球環境の話や新エネルギーの話など、さまざまなことを学ぶことができました。このような実際の生活に関わる勉強を多岐にわたってできる学部学科は他にはないのではないでしょうか? この地球工学科に入って良かったと胸を張って言えます。