2018京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

工学部電気電子工学科

プロフィール:きぃ 新3回生 大阪府出身

こんな人におススメ!

  • 電気回路に興味のある人
  • 半導体に興味のある人
  • 手を動かして実験をしたい人
  • プログラムを組むのが好きな人
  • 将来研究職に勤めたい人

何を学ぶところ?

電気電子工学科(通称:電電)では、現代の社会生活の基盤として欠くことのできない科学技術である電気・電子工学を専門として学ぶ学科です。例えば、普段使っている携帯電話やパソコンには欠かすことのできない素子であるLSIなどがその技術の代表として挙げられています。電電ではそのような素子の基本的な物性からその応用に至るまで幅広い内容のものを学ぶことによって、将来様々な研究をする際の基礎を身に付けます。また、実験にかなりの重きを置いており、1回生の時点から基礎的な実験が始まります。2回生では電気電子基礎実験、3回生では電気電子工学実習と徐々に本格的な実験へとシフトしていきます。この実験では、電電の様々な分野の教授が指導してくださることもあり、より詳しい知識を得ることができます。
進路としては電気系・情報系・電力系など幅広い分野に進むことができます。研究室配属が4回生までないため、余裕をもって興味がわいた分野を選ぶことができます。

志望したきっかけ

昔からロボットの分野に興味があり、工学部物理工学科に進学するつもりでいました。ただ、工学部は第二志望まで希望が書けるためもし物理工学科がだめでも、情報系や電気系の勉強をすることができる電気電子工学科に入ることができればロボットのことを間接的にでも勉強できるだろうと思い、第二志望ではありますが志望しました。

わたしと工学部電気電子工学科

上回生になるにつれて理解しなければならない内容がどんどん増えていき、正直難しいなと感じています。その反面、実験でできることが増えていき、日常生活にて我々の身の回りにある電気製品の仕組みをより深くまで知ることができるので楽しいです。このように身の回りの出来事への興味関心が強くなることが電電に入って一番よかったと感じる瞬間です。
「将来的に」だけではなく「現在から」の知識を得られることで、サークルの活動であったり、日常生活であったりに生かすことのできるものを得ることができています。このような知識を得ることができるのは電電くらいのものではないかなと感じています。
他にも、電電は他の学科の基礎的な部分を多く学ぶので、もし院から違う学科のことをやりたいと思っても、電電で学んだ知識を存分に生かすことができます。