2018京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

経済学部

プロフィール:きのこ 2回生 京都府

こんな人におススメ!

・経済や経営など、お金や人の動きに興味がある人
・専門分野だけでなく、幅広い分野について自由に学びたい人
・文系だが数学が好きな人
・理系だが文系分野を学びたい人
・特にやりたいことはないが普通に就職する予定の人
・休学せずに長期間の留学などしたい人

何を学ぶところ?

経済学部は自由の校風を掲げる京大にあって最も自由で多様性に富んだ学部の1つだと思います。他の学部に比べても自分の時間が多くとれるため、勉強はもちろん、サークルやバイトなど自分のやりたいことに打ち込めますし、休学せずに長期間の留学やインターンに行くことも難しくありません。勉強しなくてもいいという意味で「パラダイス経済」と呼ばれることも少なくありませんが、むしろ幅広く真剣に学びたい人にとって経済学部ほど適した学部はありません。経済学部は経済だけでなく、経営や金融、会計など幅広い分野について学べることが特徴です。特に京大経済学部では必修科目がないため、法学・政治学を含め幅広く自由に学ぶことができます。そのため様々な分野に興味を持つ様々な学生が集まり、こういった学生との交流を通して自らの視野を広げることもできます。また、ゼミと呼ばれる少人数授業では、自分の学びたい分野についてより深く学ぶことができます。優秀な教授からの指導を受けられるだけでなく、時には教授を交えて議論を行うこともあります。京大経済学部はこういった対話型の授業を重視しており、学生にとっては積極的に学ぶチャンスとも言えます。

志望したきっかけ

私は正直に言って特に興味のある分野が無かったのですが、京大経済学部にした理由は2つあります。1つは入学してから勉強したいことを探せると思ったからです。特別に興味のある分野が無かったとはいえ、漠然とお金や人の流れに興味がありました。そのため京大経済学部に入れば、幅広く経済について触れながら学びたいことが探せると思いました。2つ目は就職を意識した、という理由です。高校生の時は進路について何も考えていませんでしたが、なんとなく就職するんだろうということだけ考えていて、就職を意識したときにやはり経済学部で学べることが最も役に立つと考えました。

わたしと経済学部

私が京大経済学部に入ってよかったと思う点は、やはりその自由さと学べることの幅広さにあります。勉学とは別にイベント運営や学生団体に興味があったので、自分の自由な時間をそこに活用することができたことは私の中で非常に大きかったと思います。また、実際に幅広い分野について学べるため入学してから自分の学びたいことを探せることも大きな長所です。入学前は特に興味のある分野の無かった私でも大学2年間でそれを見つけることができました。
現在、私はマーケティングのゼミに所属していて、どのように顧客にとっての価値が生み出されるのかを学んでいます。もともと人やお金の動きに興味があったので、企業や組織がいかにして価値を生み出し、それによってどのように人やお金が動いていくのかというのは勉強していてとても面白いです。私の所属しているゼミでは活発な議論が特徴で、学生や教授との議論の中で自分に無い考え方に気づかされたり、互いに理解を深め合ったりすることができるため、とても刺激になります。
学部を選ぶというのは意外と難しいと思います。自分が興味のある分野は何か、将来なにになりたいか、得意科目はどれか、文系か理系か、先生や親の意見は、などなど悩む要素はたくさんあるはずです。この結論は人によって様々でしょうが、私は経済学部を選んでよかったと本当に思います。