2018京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

農学部資源生物科学科

プロフィール:まお 2回生 兵庫県出身

こんな人におススメ!

・自然、植物、生物が好きな人
・農学部がいいけど、やりたいこと、研究分野を大学で決めたい人

何を学ぶところ?

資源生物科学科は、1学年が約100人と、農学部の6つの学科の中で一番規模の大きい学科です。農学部の中でも他学科より農学や生物学の色が濃いです。学べる分野としては動物学、植物学、海洋学、昆虫学、農学、微生物学、生産環境学など多岐に渡り、研究室も細分化されています。植物の生理現象を研究したり、害虫が農作物に与える影響とその防除について勉強したりと、道は非常に拓けています。農学部は理系の中では制約が少ない学部ですが、本学科は特にその傾向が強く、自由に時間割を組むことができ、また受けられる講義の分野も同様に多いです。しかし融通が利く分、自分のやりたいことをしっかり持たなければ、何をするか迷ってしまう可能性もあります。1、2回生時は教養科目や専門科目の単位を揃えることに専念し、3回生から自分の興味のある分野の授業を重点的に履修することになります。3回までには自分の興味のある研究分野をある程度絞っておかなければいけません。またこのころから本格的に、生物学を主とした学生実験が始まります。実際に「農」を体験する機会が多いため、農学部らしい学科と言えるかもしれません。

志望したきっかけ

私は入試直前まで理系といえば工学部と考えていましたが、友達からこの学部の話を聞いて農学部を受けようと心変わりしました。パソコンよりも自然により近い学部に入りたいと思ったんです。それで資源生物科学科を受けた理由ですが、私は農学部に入ろうとした理由が漠然としていて、これといった研究したい分野というのが決まっていませんでした。しかしこの学科は研究の分野がたいへん広く、大学でいろんなことを勉強する中でなんの研究をするのか決めようと考え、その選択肢が沢山あるこの学科を受験しました。そして2年間大学で勉強しているうちに研究したい分野を見つけることができました。

わたしと農学部資源生物科学科

私は今高校の教科で言えば生物系の勉強をしています。細胞の働きであるとか、微生物や植物の機構など多くのことを勉強しています。私は高校の時に生物を選択していなかったので、正直一から生物の勉強をするのにそれなりに苦労しています。対して高校の頃から生物を勉強していた友達は比較的大学の講義についていくのは楽だそうです。     それから栽培実習といって、稲を植えたり、収穫したり、米以外にも柿や桃といった果物、芋、花などあらゆる作物の栽培を京大の保有する農場で実際に体験できる専門の講義があります。作ったお米や芋、果物を少し持って帰ったりできるので、一人暮らしには助かる珍しい講義ではあります。(笑)
農学部、資源生物科学科の勉強は正直私には難しいところが沢山ありますが、後悔はあまりしていません。難しいけど楽しく興味深い講義が沢山あります。おかげで進みたい進路、研究したい分野、目移りしてたくさん悩みました。個人的にはこれが資源生物科学科の一番の利点だと思っています。