2018京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

住まい探し経験談

合格前に決めました

■2/25本人が受験している間の短時間で、広いスペースの待合室、先輩学生のナビゲートでタクシーを使って物件を見せてもらいました。実際に通学している人の話を聞いて、物件を見たので大変助かりました。システマティックで行き届いたスマートな紹介、契約に感心しました。(東京都出身・自宅外生・女子)

■センター試験の後、住まいを探し決めました。本人も一緒に京都へ行きました。それによってよりモチベーションが上がったように感じました。(愛知県出身・自宅外生・男子)

■合否がわかる前の11月に下宿先を決め、仮契約をした。合格発表から入学式まで日数が少ないため、仮に手付金が無駄になったとしても先に住まいを決めておいてよかったと思います。(神奈川県出身・自宅外生・女子)

■住まい紹介はわりあい時間を取られることが判明。うちは受験日前日の2/24の2時間しか時間が取れませんでした。もっと余裕を持っていけばよかったです。(東京都出身・自宅外生・男子

 

合格後に決めました

■住まいは合格が決まってからでも十分見つかりました。合格から入学まで期間は短いですが、時間は十分あり、余裕はあると思います。ただ4月に入って早々に学校行事があることは知らなかったので、ホテルはすでに空いておらず困りました。(愛知県出身・自宅外生・男子)

■下宿は3月11日でも十分でした。午前9時頃到着しましたが、見学2つ目で決めることができました。合格したとわかってから、夜にHPでチェックし、候補を5つ決めてから行ったのもよかったと思います。入居が4月1日と入学直前でしたが十分間に合いました。(愛知県出身・自宅外生・男子)

■遠方からだと住まい探しが一番大変だと思います。合格発表前に仮押えする気にはなれず、発表の翌日に出向き決めました。当初は週末の休日を利用する予定でしたが、休みを取って翌日行ってよかったと思います。(岡山県出身・自宅外生・男子)

■合格後の住まい探しでは、あまり条件が合うものがないのではと心配しておりましたが、何とか条件に近い部屋を見つけていただけました。対応してくださった方もとてもいい感じでした。(愛知県出身・自宅外生・男子)