2020京大生協受験生web

京大生と話そう!保護者相談所

受験生の保護者の方が京大生とお話しできる企画「京大生と話そう! 保護者相談所」をオンラインで開催いたします。ご相談内容は受験の悩みから大学入学後の生活についてまで、どのようなものでも歓迎です。京大生と直接お話しいただけるまたとない機会ですので、是非ともご参加ください。

●日時・会場

 2021年2月13日(土)・14日(日)

 両日  10:00~11:00

     12:00~13:00

     14:00~15:00

     16:00~17:00

 オンラインにて開催(Zoomを使用予定)

※ 上記時間帯のいずれかにご参加いただきます。

※ 時間はいずれの時間帯も基本60分としておりますが、当日の状況により延長もしくは短縮する場合がございます。また、途中退出していただくこともできます。

 

●参加方法

 事前にご予約が必要です。以下の「保護者相談所 申込フォーム」よりお申し込みください。

 

申し込み内容を変更される場合や、申し込みをキャンセルされる場合は以下の「保護者相談所 申込内容変更フォーム兼申込キャンセルフォーム」よりお手続きお願いいたします。申込内容を変更するために上の「保護者相談所 申し込みフォーム」にて変更後の希望を送信することはご遠慮ください。

 

※ 参加申込の受付期間は1月19日(火)から2月5日(金)までです。

※ 申込内容変更の受付期間も上に同じです。

※ キャンセルは前日まで受け付けております。

※ 申し込みが定員に達しましたら、申込受付期間中であっても申し込みを締め切らせていただきます。ご了承ください。

※ 申し込みいただけましたら当日中に確認のメールをkyotouniv.hogoshasodanjyo@gmail.comより送信いたします。使用されているメールの設定によっては送信いたしましたメールが迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう可能性がございますのでご注意ください。万一確認のメールが届かないようでしたら、お手数ですがこのメールアドレスまでご連絡ください。

 

●企画詳細

• こちらの企画はZoomというアプリによってオンラインで開催いたします。つきましては参加される保護者の方にはZoomのインストールをお願いしております。Zoomについては、以下の「Zoomについて」をご覧ください。

• 参加される保護者の方はこちらでグループ分けさせていただき、各グループ京大生が2人、保護者の方が1~4人程度となるようにいたします。ひとグループが少人数ですので、お気軽にお話しいただけます。

• 参加される保護者の方は、申し込みの際にご希望の京大生の特徴(学部学科・性別・自宅か下宿かなど)をお選びいただけます。お子さんに近しい京大生の話を聞くことで、お子さんの大学生活をより詳しくイメージすることが出来ます。

• お申し込みされた保護者の方をどの時間帯にご案内させていただくかは、お申し込みの際に回答していただいたご希望をもとにしてこちらの方で決めさせていただきます。当日ご案内させていただく時間帯は2月9日(火)までにメールにてご案内いたします。

• 参加される保護者の方にはZoomのURLを、ご参加される日の前日にメールにてお送りいたします。当日はお時間になりましたらそちらのURLよりご参加くださいませ。

 

Zoomについて

●Zoomとは

Zoomとはオンライン上で会議などを開催するときに利用されるビデオチャットサービスのことです。このサービスによりパソコンやスマートフォン、タブレットなど様々な端末を通じて大人数がビデオ通話できるようになります。ビデオ通話ができるサービスは数多くありますが、Zoomは接続の安定性が高く、画質・音質・操作性が良く、同時接続可能な人数も多いことが高く評価されている、国内で最も利用されているビデオチャットサービスです。このサービスは無料で使うことができるほか、利用時にアカウントを登録する必要がなく、安全性の問題も克服されているため、安心してご利用いただけます。 ※Zoomはビデオチャットサービスですが、当企画にはカメラを切った音声のみの状態でもご参加いただけます。

 

●インストール方法

1. スマートフォン・タブレットの場合

 1 下記のURLをクリック

 • iPhone

 https://apps.apple.com/jp/app/zoom-cloud-meetings/id546505307

 • Android

 https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings&h

 

2 サインアップにてアカウントを作成

 

2. PCの場合

 1 下記のURLをクリック

 https://zoom.us/download#client_4meeting

 2 右上にある「サインアップは無料です」からサインアップ

 3 ①のページにて、ミーティング用zoomクライアントをダウンロード

 

 

京大生への質問箱

当日お越しになれない方や、匿名でのご質問をご希望される方のために「京大生への質問箱」を開設いたしました。以下のURLよりご質問をお寄せください。受験生サポート事務局の事務局員(京大生)がお答えさせていただきます。いただいたご質問への回答は、「京都大学生協の受験生サポートWeb(当ウェブサイト)」に掲載させていただきます。

※こちらの質問箱では2月14日まで質問を受け付けております。

※いただいたご質問への回答は2月下旬ごろに掲載させていただきます。

※内容によってはお答えいたしかねる場合がございます。悪しからずご了承ください。

 

いただいたご質問への回答

1.(ご質問)

試験当日の集合時間と、何時頃に行くのが適当か教えて下さい。農学部です。

(ご返答)

詳細は受験票に記載されていますので、そちらを必ずご確認ください。集合時間になりましたら大学職員による案内が始まりますので、それまでには確実に間に合う時間に行くのが適当かと思われます。


2.(ご質問)

住まい探しや、住まいの契約をするのに、受験生本人だけでも可能でしょうか。コロナ禍で、保護者が仕事や家庭の都合上、県外に出ることが難しい状況です。行ってやりたいのは山々です・・・。

(ご返答)

受験生ご本人だけで来ていただいてもかまいません。

ご契約の際に必要なものがございますので、お持ち忘れないようお願いいたします。

【ご契約に必要のもの】

・受験票のコピー

・認印(スタンプ印ではないもの)

・現金(家賃の50%+税)

また、部屋を決める際に、以下の情報も必要となります。 保証人の方の「勤務先の情報(名称・所在地・連絡先)・勤続年数・おおよその年収」 先輩京大生と職員が丁寧に対応いたしますので、ご安心ください。


3.(ご質問)

工学部工業化学志望女子の母です。 よろしくお願い致します。 合格しましたら、通学時間が約2時間かかる予定です。きついでしょうか? 実験などで夜遅くなることもあるのでしょうか?女の子なので親元から通わせたいです。

(ご返答)

こんにちは。質問ありがとうございます。工学部工業化学科3回生女子で、現在大阪から電車で1時間、徒歩を含めて合計約1時間半かけて通学している者です。3年間通学してみた実感と、友人の話をもとに答えさせていただきます。私は一人暮らしの費用や、通学時間がそれほど負担にならないと感じているといった理由で現在も自宅から通学しています。質問者様の場合、通学時間が約2時間ということですが、私の印象ですと、特に1,2,3年生のうちは遠いですが不可能ではないと感じます。ただ、人によって様々で2時間以上かけて通学している友人もいますし、通学時間が1時間ほどでも「朝早いのがしんどい」「部活やサークルで夜が遅くなる」などの理由で一人暮らしをしている友人もいます。私の体験談ですが、1,2年生のうちは遅くとも18時(平均的には15時頃)には授業が終わりました。また、3年生から実験が始まりますが、そちらも遅くとも18時半には終わっていました。4年生からはキャンパスが桂に移る場合が多く、配属される研究室により終了時間が様々で17時〜22時頃だと聞いています。お子様や保護者様の意思にもよりますが、比較的時間に余裕がある1年生のうちは自宅から通学してみて、厳しそうなら一人暮らしを考えるというのも選択肢のひとつではないかと思います。


4.(ご質問)

今年度のコロナ禍での授業形態について。出来れば1回生の学部別に、対面授業とオンライン授業の割合、週に何回程度学校へ行くことがあるのか?など具体的に教えていただけると幸いです。(ちなみに志望学科は理学部です)もし合格できれば下宿になる予定ですが、4月から部屋を借りたほうがいいのか、とても迷っています。オンライン授業の割合が多いのであれば、自宅からオンライン授業を受けて、対面授業があるときだけ学校へ行くという選択もありなのかとも考えています。今年度の1回生はどのようにしている学生が多いのか、お分かりになる範囲で教えてください。(京大生の1日を見ると、下宿生でも自宅から授業を受けているのかな?と思われますが…)よろしくお願いいたします。

(ご返答その1)

工学部1回生の者です。今年度の授業は通年すべてオンライン授業でした。しかし、現時点では、今年の4月からは対面授業を中心に授業が開講される予定だと聞いていますので、個人的には4月の時点で部屋を借りておいた方が良いかと思います。実際に私の周りでは、こういった状況ではありますが京都の下宿先で過ごしている学生の方が多い印象です。

 

(ご返答その2)

私は工学部地球工学科の1回生ですが、前期には対面授業がなく、後期は週2回ほど対面がありました(対面で行った事があるのは「物理学実験」(隔週)、「化学実験」(隔週)、「英語ライティングリスニング」(一部))。ただ、来年度の前期の授業方針では今のところ、原則対面授業を行うことになっていますので(もちろん状況によっては変更される場合もあるとは思いますが)、4月からの下宿先は確保してもよいかと思います。

 

(ご返答その3)

法学部1回生の者でございます。法学部の専門科目は週に一度だけ、11月から対面授業が始まりました。また、私がとっていた全学共通科目に分類される授業のうち、「スポーツ実習」と「E2(英語で行う授業)」が対面形式でした。全学共通科目で対面形式をとるのは少人数の授業に限られていました。 私は週3回大学に通っていましたが、理学部であればおそらく実験が対面になると思われますし、今年以降は対面の機会が増えそうなので、下宿の方が都合がよいかと存じます。

 

(ご返答その4)

私は文学部の1回生ですが実験などが無かったため、授業は全てオンラインでした。授業によってはオンラインか対面のいずれで受講するか自分で選ぶことも可能でしたが、1回生が主に履修する、全学共通科目に分類される授業は履修登録をしている人数が多いので、オンラインでの授業が主でした。とはいえ私自身は一人暮らしに慣れておきたかったので、4月からずっと京都で生活をしていました。寂しがり屋さんでなければ対面授業が始まって忙しくなる前に一人暮らしに慣れておくのをお勧めいたします。


5.(ご質問)

通学時間が約2時間半の為、娘の希望もあり、合格の際は一人暮らし予定ですが、オンライン授業が来年度も続くのであれば、収まるまで自宅通学も検討中です。 もし、授業以外で交流の場があり、友達作りの機会が多く、下宿した方が楽しめそうなら、すぐに下宿させてもよいのですが… 実際のところ、今年度1回生のご学友交流事情を教えてください。

(ご返答その1)

工学部1回生の者です。今年度の授業がすべてオンライン授業になってしまったこともあり、同じ学部学科の同級生は半分以上が話すらしたことがありません。しかし私自身、サークルに加入したことで、多少なり交友関係を広めることができましたので、今年の春からも十分に授業以外での交流の場はあると個人的には思います。また、現時点では、今年の4月からは対面授業を中心に授業が開講される予定だと聞いています。

 

(ご返答その2)

1回生の者です。今のところ来年度は原則対面授業とされているので(もちろん状況によっては変更される場合もあるとは思いますが)、今年度とは必ずしも同じではないことをご了承の上、お読み下さい。私は工学部地球工学科の1回生ですが、オンラインでの授業中にグループで課題を行うことがあり、そこでグループの人と連絡先を交換し、SNS上で交流を深めました。前期の間は実際に彼らと会うことはほとんどありませんでしたが、後期は毎週のように会っていました。また、後期からサークルに入ったので、そこで新しい友人との交流も生まれました。聞いた話では、前期の間から頻繁に同級生と対面で会って遊んでいた人もいたようです。

 

(ご返答その3)

1回生の者でございます。私としては下宿されるのがよいと思います。オンライン授業が主であっても、休日や空きコマを使って同じ学部学科の友人と遊びに行く・交流するようなことが多くあるので、それに乗り遅れず友人関係を築いていくためにも下宿されるのがよいと思います。

 

(ご返答その4)

1回生の者でございます。交流の場についてですが、授業外では同じ学部内でオンラインでの交流会が行われていました。そこで仲良くなった人と会ったという人もいましたが、稀でした。ですので、下宿をしても自分から積極的に行動しない限り、友達はできづらいかと思います。

 

(ご返答その5)

1回生の者です。意外と授業外の交流は多かったように思います。ただ、学部ごとに差はあるかと思われます。新歓委員が頑張っている学部は比較的交流の機会が多いです。また、人数が少ない学部は繋がりが強いと聞いています(教育学部など)。


6.(ご質問)

今年度はコロナ禍で大学生活も大変でいらした事と思います。4月からの授業など、まだ不透明な部分もあるかと存じますが、一人暮らしをされている学生さんで、親元に戻ってリモート授業を受けておられる方は多いのでしょうか。当方娘がもしご縁を頂けた場合、初めての一人暮らしになります。4月からの様子をみてからお部屋を探した方が良いのかどうか、遠方にご実家がある在学生の、特に女子の方々はどの様にされているのでしょうか。どうぞ宜しくお願いいたします。

(ご返答)

2回生女子です。私の経験談を話させていただきます。私は実家のインターネット環境が整っていないこと、実家には祖母がいたことなどもあり、コロナ禍も実家に帰ることはありませんでした。しかし、私の周りではずっと親元に戻っているという方や一時的に親元に戻っている方がちらほらいたように思います。ただ、私や友人は2回生であり、バイトなどによりこちらでの生活リズムができていたため、京都に残りやすかったのかもしれません。1回生の方は上回生よりも実家で授業を受けられている割合が多かったように見受けられました。来年度の前期についてですが、京都大学から原則、対面授業の実施を進める方針をとるという通告が出されているため、お部屋については早めにお探しになるのがよろしいかと思います。もし4月がリモート授業になった場合でも前期の途中から一部対面になるということも考えられますが、その時に部屋探しをするより、4月からこちらで一人暮らしをする想定で準備された方が余裕をもって大学生活を始められるかと思います。


7.(ご質問)

工学部下宿生の方へ 住まいのことで質問させていただきます。1~3年は吉田キャンパス、4年生から桂キャンパスに通われる方、以下のどちらが多いのでしょうか。 ①吉田キャンパス近辺から4年時に桂キャンパス近くにお引っ越しをする。 ②最初に吉田キャンパスと桂キャンパスの中間で下宿先を見つける。 合格前予約の関係で、気が早いですが、お伺いできたらと思います。 引越しは大変そうです。いつまでに引越し業者を手配した方が良いとか、アドバイスもいただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

(ご返答)

1~3年生は私の知る限り全ての人が吉田キャンパス近辺に下宿を借りております。4年生では桂キャンパスの周辺に引っ越す人と残る人は半々くらいです。引っ越しですが、この時期は予約が殺到するうえ、値段も張りますので、家具一式を新しく購入して、それを新居に配送して、そこで組み立てる人が多いです。


8.(ご質問)

工学部情報学科希望の保護者です。今年は年度始めから授業形態も変わり、特に1年生の方々は戸惑われた事も多かったと思います。年度始めに新入生宿泊研修がありますが、今年度は宿泊ではなくオンラインでのガイダンスが行われたとお聞きしています。通年と違う形態による差はどのようなものだったのでしょうか。新入生同士の懇親はもちろんのこと、先生方や先輩方との交流も充分に行われたのでしょうか。来年度も状況によっては宿泊での研修が難しいかもしれないため、参考にお聞かせ頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

(ご返答)

工学部情報学科1回生の者です。例年宿泊研修ではどのようなことが行われているのか、私自身存じ上げていませんが、今年のガイダンスでは、情報学科についての説明や、教員を交えてのZoomでの自己紹介が行われました。また、1回生同士が仲良くなれるよう、情報学科の専門科目を担当している教授が、その授業前や授業後の時間を1回生同士が交流する時間として充ててくださったり、さらには5~6人程度を1グループとした情報学科1回生グループ交流会というイベントも設けていただけたりしたので、1回生同士の交友関係については、それほど酷い状況ではありませんでした。しかし、私はサークルに情報学科の先輩が在籍しており、そこからつながりをもつことができたのですが、大多数の1回生にとっては情報学科の先輩方との交流はほとんど皆無だったと思われます。


9.(ご質問)

自宅から大学まで2時間ぐらいかかります。下宿先の合格前予約をしているのですが、もし当面コロナにより通学の頻度が低いのであれば一旦下宿先の予約をキャンセルしてしばらくの間自宅から通学出来るのではないかと思っています。ここ最近の授業の形式や通学頻度などはどのような感じでしょうか? 志望は医学科です。

(ご返答)

医学科2回生の者です。今年は、授業は希望者だけ対面で受けて他のひとはZoomで受けるハイブリッド形式で、試験は全部対面でした。実験や実習は手順を簡略化したものが対面で実施されました。先日京都大学から、4月からは授業を対面実施するとの発表があったため、医学科の授業も対面のものが増えると思います。


 

当ページにつきまして、ご不明な点がございましたらkyotouniv.hogoshasodanjyo@gmail.comまでご連絡ください。

 

※2020年度の様子です。