2020京大生協受験生web

保護者の体験談

本ページの内容は2019年度版です

受験に関して

 

■判定結果はよくなかったのですが、高1のときからずっと希望は京大1本でした。あきらめず、1つの希望に向かって3年間頑張れたことがよかったのだと思います。(兵庫県出身・工学部男子保護者)

■受験勉強をしている息子の姿は一生忘れることができません。一年間孤独と戦う決意をし合格を勝ち取った息子の経験は何ものにも代えがたいし、親として最高の瞬間でした。絶対に勝ち取るという強い気持ちで頑張ってください。見たことのない風景が目の前に現れます。(大阪府出身・工学部男子保護者)

■京大受験ともなると家族の支えがとても重要になってくると思う。本人の「京大に合格したい!!」という強い意志を尊重し、一緒になって受験と向き合っていただきたいと思う。親も子も後悔しないように・・・(京都府出身・工学部男子保護者)

■息子から京大を受験したいと聞いたときは「無理でしょ」と思いましたが、親が口をだして違う道に進んでつまづいたときのことを考えて、すべての選択を息子に任せました。親ができることは栄養のある食事を作ること、グチを聞くことだけです。(岐阜県出身・文学部男子保護者)

親として心がけたこと

 

■とにかく子どもを信じましょう。模試はずっとD判定。人一倍頑張っていた息子を信じて入試前は「ここまでやってきたのだから大丈夫」とだけ言ってました。本人も大丈夫と言っていましたが、そうとう不安だったと思います。合格した時は、スマホを見る手が震えていました。本人が一番ホッとしたと思います。ここまでがんばった息子を誇りに思います。(福井県出身・工学部男子保護者)

■受験は子ども以上に親も不安になりますが、結局何もできませんでした。何もしないこと、いつもどおりに接していたことが良い結果につながったと思います。(兵庫県出身・文学部女子保護者)

■遠くから送り出すのは、本当に大変(心配だし、経済面も)だけど、子どもの夢(一応息子は研究がしたいそうです)のために自分も健康で頑張りましょう!(北海道出身・理学部男子保護者)

■子どもは受験まで勉強中心の生活になっているので、親ができるだけ情報を集め、子どもをサポートしていくことが、合格してから入学までスムーズに準備できると思います。(静岡県出身・法学部男子保護者)

■保護者は子どもを見守ることしかできず本当に辛い時期がありました。できることは栄養面や体調管理、そして本人の志望のままに受験できるようサポートすることでした。サポートの中に受験当日の宿探しや交通確保が大事と思います。入室までの朝の時間の流れなどメッセージをいただいていたのが心構えにつながり助けられました。(兵庫県出身・医学部男子保護者)

■合格に向けて親も子どもも落ち着かなくて大変だと思います。子どもが落ち込んでいても親は静かに見守って、子どもが言いたいことがあったら何かアドバイスをするのがいいと思います。いろいろと口を挟みたくなりますが、じっと我慢が大切だと思いました。(富山県出身・医学部男子保護者)

新生活準備のスケジュール、費用に関して

 

■保険に加入したり、色々な入会金、前払い、交通費、通信費など、細々とした金額でも合わせるとかなりの出費になった。入学までの時間が短いので、かなりバタバタして大変だった。(愛知県出身・法学部男子保護者)

■合格発表まで親も子も何も手につかなかったのですが、やはりいろんな想定をして準備をしておくべきだったと思いました。特に一人暮らしをする場合、想像以上にお金も必要で購入するものもたくさんあるので、事前に準備できるものは準備しておいた方がいいと思います。(岐阜県出身・文学部女子保護者)

■合格後の忙しさは大変です。気持ちと身体は少し余裕もってあけておきましょう。(兵庫県出身・理学部男子保護者)

■合格すると信じて住まいのこと・生活用品などを調べておき、合格後すぐ注文ができるようにしました。(愛知県出身・工学部男子保護者)

■生協のホームページを合格前からよく読んで合格後にやることをイメージしておくと様々な手続きがスムーズ。入学までとにかく時間がない。(新潟県出身・理学部男子保護者)

■受験期から合格後の生活や手続きのイメージを作り準備しておくとよいと思います。生協からの情報は本当に頼りになります。(栃木県出身・工学部男子保護者)

住まい探し経験談

 

合格前に決めました

■住まい探しは受験時や合格発表後でもよいかと思いましたが、私自身が落ち着かなかったので住まい探し相談会の初日に行きました。朝には壁にいっぱいあった物件が夕方にはかなり減っていて、早めに決めてよかったと思いました。家具も引っ越し当日に配達予約ができたので、なんでも早めに申し込んでおいてよかったと思いました。(岐阜県出身・文学部男子保護者)

■住まい探しは合格後に・・・と考えていましたので、受験時に下見だけでもと軽い気持ちで相談会へ行きました。もともと息子は住まいにこだわりがなく負担にならない家賃のところを希望していましたので、たまたま案内していただいたところがよさそうでしたので契約しました。とりあえず相談会に出向いてみるといいと思います。(石川県出身・総合人間学部男子保護者)

 

合格後に決めました

■一度に住まい探しと生活用品の準備ができて大変助かりました。東京在住なので、何度も京都に行くのは交通費・宿泊費がかかり大変だと思っていたので、合格発表後1泊2日でほぼすべて決められてよかったです。(東京都出身・農学部男子保護者)

■部屋の契約は本人の希望で合格発表後に。親は合格前相談会で次々契約されていく様子に少し焦りましたが、結果的に合格後でも十分物件はあり、本人と一緒に決められてよかったです。(茨城県出身・工学部男子保護者)