2018京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

理学部

文責:さゆり

 

 私は中1くらいから何となく京大に行きたいなと思っていましたが、きちんと京大理学部に行きたいと思い始めたのは高1の頃でした。中学生のころはただただ純粋に京都大学へあこがれていたのですが、高校で物理数学化学を学ぶうちにこれらの自然科学全般どの分野も最先端に立てる大学として京都大学を意識し目指すようになりました。今から高校生活を振り返ると、勉強したりしなかったりで、塾にも行かず、最終的には特色入試に合格してしまうという、ほかの人とはだいぶ違う受験を経験してきたと思います。ここからはどのような受験勉強をしたかということを書こうと思うのですが、その前に軽く特色入試について書こうと思います。
 私が特色入試の存在を知ったのは高3の春でした。ちょうど自分の受験の年から開始されるのも何かの縁があると思い、またダメ元でも京大理学部に受かる可能性が1%でも上がるのならと思い出願することはあっさり決めました。ただ、出願したはいいものの過去問がなければ予想問題もないので、これといった対策をすることはできなく、本当にぶっつけ本番で受けたんだなと今から見たら思います。実際に受けてみた感想としては、対策を立てることは難しいんじゃないかということです。数学の問題4問というものは解いている途中では多いなと思うのですが、終わってみると4問で全範囲を網羅できているはずもなく、自分の得意分野が全く触れられてなかった人はどうなったのだろうと思うとぞっとします。特に理学部特色入試は倍率も高かったので運要素が高かったと思います。このことを考えると特色入試一本は得策じゃないなと思います。あくまでも一般入試の前に受かったらラッキーくらいに思うのがいいのかもしれません。
 さて、ということで特色入試の対策なんてほとんどしてなかったのでその時間のある程度は一般入試に使っていました。高3春まで一番意識していたことは「授業をちゃんと理解する」ということでした。授業で習ったことに加えて大学受験対策をしている人はいましたしそれも大切なことだとは思いますが、たとえ京都大学であろうと知識自体は結局授業の積み重ねですし、塾に行って学校の授業のこともやるよりは授業一本にしっかり集中しすべて理解するくらいの気持ちで臨んでいました。これによって高3の授業にもかなり余裕が生まれ、しっかりと入試対策ができました。高3では基本ずっと2次試験の過去問を授業中授業外なりふり構わず解いていました。これによって実践力も鍛えたので一般入試を受けていたとしたらそれでも受かったと思います。また、勉強法とはちょっと違いますが一番効果があったなというのは人に教えることでした。今でも人に教えたことは覚えているというくらい身に付き方が違ったと思います。
 いろいろな目標をもって京大を志望する人がいると思います。一般入試、特色入試と決めつけるのではなく幅広い視野で判断して、自分の後悔しない道を進んでください。