2018京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

工学部建築学科

ペンネーム そら

 この度は、僕の合格体験記をお読み頂き、ありがとうございます。少々長くなりますが、しばしの間お付き合いください。
 僕はこの春、晴れて京都大学工学部建築学科に合格できたのですが、それまでの道は決して楽なものではありませんでした。
 僕が京大を第一志望校としたのは、高3になる直前のことでした。それまでは九大の同学科を志望していたのですが、その1年前に2つ上の兄が京大法学部に現役合格し、そしてその春には部活の先輩が東大理科一類に現役合格したことに感化され、「自らの可能性を自らの手で広げること」、「その可能性を信じて高みを目指すこと」に強い魅力を感じたことが、僕が志望を変える大きなきっかけになりました。かっこよく言ってみましたが、要するに「目指せるのなら上を目指してみたい」と思ったのです。しかし、そう意気込んだものの、根っからの怠け者である僕がすぐに取り掛かるはずもなく、だらだらと時は流れてしまい、受験勉強を始めたのは夏休み後のことでした。その結果、最終的に成績は届かず、ごく僅かな差で不合格となってしまい、とても悔しい思いをしたことを覚えています。
 そうして僕の1年間の予備校生活が始まりました。この1年間で改めて学んだことは、自分に合った勉強法というのは人それぞれであるということです。故に、これから僕が書くことは、あくまで僕個人のことであるということを予めご了承ください。なぜこのようなことを言うのかというと、僕はこの1年、あまり根を詰めた勉強をしていないからです。もちろん授業は出席していたし、自主勉強は怠りませんでしたが、ただがむしゃらにやればいいというわけでなく、集中しなければ効果は薄いので、やはり適度な息抜きは必要なのです。勉強の合間には、軽食をとったり、短時間外を散歩してみるなどの、気分転換の時間を大事にしてください。
 とはいっても、これでは皆さんの参考にしていただけないかもしれないので、オススメの勉強法を1つお教えします。それは、授業で教わる考え方と自分の考え方を常に比較するということです。自分の考え方とどこがどう違うのか、なぜそこでそのような違いが生まれるのかを考え、その上でどうすれば改善されるのかを探してください。それがきっと、成績アップに繋がります。また、1人でする必要はありません。先生の意見を聞くことはもちろん、周りの友達と各々の考え方をシェアすることはとても大切です。「1つの視点に固執しない」ことを心がけてください。
 そのためにも、交友関係を疎かにしないようにしてください。新たな友達も積極的に作っていきましょう。切磋琢磨し、励まし合い、協力し合う友の存在は、皆さんの受験期において必ず大きな力になります。断言します。
 最後に、「途中経過は関係ない」ということを伝えたいと思います。模試で全国1位でも、D判定でも、合否には一切影響しません。良くも悪くも大学は、結果だけを見てくれます。成績不振でも最後まで諦めないでください。
 最後に受かればそれでいいんです!
 皆さんの先輩になれるのを楽しみにしています。頑張ってください。