2018京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

工学部物理工学科

ペンネーム ぜっきー

・京大を志望した理由とその時期
 僕は高校に合格した時点では大学受験のことはあまり頭にありませんでした。しかし、高校入学と同時に塾に入り、その時に入れられたクラスが京大を志望するクラスだったので、とりあえず京大を目指すことにしました。そして、そのまま高3になり、気づかないうちに京大を受験する決意が固まっていました。
 京大を志望した理由は、そこまで具体的ではありませんが、国立大学であり、やはり日本の中でもトップクラスの大学だからだと思います。また、自分が関西に住んでいて、関西や京都が好きであったことと、京大の「自由の学風」が気になったというのもあります。工学部物理工学科を選んだ理由は、単純に機械が好きだったからです。
 
・受験勉強の仕方
 高校生の時塾に入って毎日その授業を受けていたので、大きな勉強内容は塾に任せていました。また、僕は一年間浪人したのですが、その時も予備校に通っていたので予備校に頼っていました。とはいっても、何でもかんでも言われることを信じるのではなく、自分なりに捨てるべきところや補うべきところを考えてやっていたつもりではあります。
 何様なのかという感じですが、勉強に対する姿勢としては、自分そのものが賢くなりそうな勉強をし、それによって入試問題も簡単に解けるようになる、というようなつもりでやっていました。もちろん受かることが一番大事なので、実際に本番に解けるようになるための対策は必要だとはおもいますが、入試問題だけとけて最低点を上回ればいい、という姿勢は直前期だけでいい気がします。数学なども、一つ一つゆっくりと時間をかけ、納得ゆくまで考えるのがいいと思います。
 
・受験期の印象的なエピソード
 罪悪感はありましたが、高3のときはフリースペースで友達とだらだらとするのが楽しくてしかたありませんでした。また、浪人の時もたくさん友達ができましたし、よいことではないですがたまに食堂やカフェでわいわいおしゃべりしたのもいい思い出です。数学などの問題を、相談したり勝負したりしながら解いたのも楽しかったです。
 
・試験を終えての心境
 僕は二次試験の数学で少し失敗してしまいました。浪人ということもありますが、本番の緊張はなめたものではありませんでした。数学は浪人時代に一番力を入れて勉強していたのでそれなりに自信があったのですが、本番は焦りでいつもほど頭が働いていない気がしました。しかも、解けたはずの大問も、一つ単純な計算ミスでおとしてしまいました。結局、そのせいで開示結果はギリギリでした。
 いつもよりもなぜかできてしまった友達もいるので何が起こるかわかりませんが、普段勉強するときも、本番の緊張を考慮しておくことが必要なのかなあと思います。
 
・受験生に一言
 とりあえず早い段階で今年の過去問を見たほうがいいと思います。それで勉強の方針をたて、モチベーションを上げていくのがよいと思います。頑張ってください。