2018京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

農学部食料・環境経済学科

ペンネーム わさび

 私が京大を志望したのは浪人が決まった春でした。現役の時には別な大学を受験しましたが、浪人するなら上を目指そうと思い新たな目標として京大を選びました。農学部の入試制度と得点配分が自分に合っていると思ったからです。
 地元の予備校に入ったので受験勉強としては毎日の授業が中心でした。京大入試に特化した授業も受けていたので、夏頃まではあまり自主的な内容の勉強はしていなかったと思います。夏休みから自分の勉強を始めて、二次試験に向けた苦手な理系科目の復習と演習を中心にやり比較的得意だった英語は過去問を少しずつやってなるべく継続的に英文に触れるようにしていました。英語はこれで良かったと思いますが、理系科目は演習が足りなかったという印象が残ってしまったのできちんと計画を立てるべきでした。センターで一番の弱点だった地理も基本事項の暗記から徐々に始めましたが、もっと早くから力を入れるべきだったと思いました。夏の終わり頃からは過去問にも手をつけ始め、授業中心ではあるけれどだんだん本番を意識した勉強に変えていきました。年内は地理は継続しつつ二次の勉強をする予定で京大の国語以外の過去問をやっていましたが、途中で私大のセンター利用を優先して一週間ほど前倒しでセンターに切り替えました。結果的にはこれがうまくいって二次で心の余裕ができたし、全体を見てもセンターの得点に救われたと思うのでこの切り替えは正解でした。センター後はひたすら過去問を解いて、必要なものは添削も受けました。やはり過去問が一番効果的だと思うし、添削を受けることで点を取れる解答のコツがつかめてきたり、わからなかった問題もただ「わからない」で終わらず次に活かせたと思います。
 私は受験勉強において一番大切なのは自分に自信を持たせることだと思います。受験期をどう過ごしても不安になるし緊張もするだろうけれど、それを少しでも軽減できるような根拠を自分に作るのが大事だと思います。そのためにはやるべきと思ったことを全てやりきるのが一番ですが、それはかなり難しいと思うし、私自身もやらなきゃいけないと思うのに怠けてしまって後悔するというのを繰り返していました。それでも思ったのは、やらなかったことを振り返って自己嫌悪するよりやったことを振り返ってそれを信じる方が良いということです。その時点での全力は尽くしたと思うことで前向きになれるので、楽観的になるのは良くないけれど自分を信じるのが大切だと思いました。
 もう一つ受験生の皆さんに言いたいのは、受験前に実際に京大に行くべきだということです。多くの人が早いうちにオープンキャンパスなどに参加するかもしれませんが、私は京大を志望したのが遅かったので志望校に決めた時点でまだ実際に見たことがなく実感が持てませんでした。そこで夏休みに気分転換も兼ねてオープンキャンパスに行きました。浪人の夏に参加するのはイレギュラーだとは思いますが、実際に自分の目で見たり京大生と会ったことで改めて京大に入りたいと強く思えました。
 京大は良くも悪くも自由で(笑)、自分の思い通りの学生生活を実現できる場所だと思います。頑張って下さい。