2018京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

京大受験☆応援メルマガ2018 #16

皆さん、こんばんは!
今回の京大受験☆応援メルマガは京大生の「あーちゃん」「あおい」「そら」の3人がお送りします。今週のテーマは、「生活リズム・勉強のお供・息抜き方法」です。


「あーちゃん」【医学部・人健/現役】です。

私の一番の息抜きは、友達や家族と話すことでした。私は学校の開放された教室で勉強することが多かったので、休憩時間は時間を決めて、友達と話をすることで頭をリフレッシュしていました。勉強の話をすることもありましたが、互いに励ましあったり、もっと頑張らなければと危機感を持ったりと、自分にとってプラスになることが多くあったと思います。また、家でずっと机に向き合っていて考えが行き詰まってしまったときには、家族の元へ行き、他愛もない話をして、気分転換をしていました。
また、とてもありがちな話ですが、私はお気に入りの文房具を勉強のお供にしていました。いつものシャープペンシルを握ったら勉強しなくちゃっと思えるし、本番も毎日使っていた文房具で臨むことでいつも通りの気持ちで臨めた気がします。
受験生のみなさん、焦る気持ちも出てきた頃かと思いますが、自分なりの方法で、あともう一踏ん張り、頑張ってください!


続いて、日々食欲との戦いに悩まされている「あおい」【農学部 食料・環境経済/浪人】です。

わたしは現役時代も浪人時代も夕飯は家族と食べていたので、それまでは学校や自習室で、夕食後は自室で勉強してました。飽きやすいので場所を変える意味もあったし、夕食の時間は息抜きにもなってましたね。そこまで決まったリズムもなくゆるゆるとやっていたので、これは人によると思います。
勉強中、夕方になるとお腹が空くのでお菓子を買って休憩がてら食べていました。その影響は顕著に出ていましたが(笑)。あとは、退屈さを紛らわすため理系科目は音楽を聴きながらやることもありました。ながら勉強は苦手なので歌詞のないサントラが多かったです。
息抜きとしては漫画を読んだり、普通に好きなことをしていました。基本毎日その時間は取っていて、時間をしっかり区切らなかったのは反省ですが息抜き自体は大事だと思います。
寒い季節になってきたので風邪に気をつけて、焦らず落ち着いてがんばってください。


最後に、親の仇よりも面倒なことが嫌いな「そら」【工学部・建築/浪人】です。

どうもはじめまして。僕からは主に、受験期にはどうしても崩れがちな、生活リズムについてお話しします。
僕の場合は、現役時代はとにかく必死に頑張っていたので、エナジードリンク片手に睡眠時間を削って勉強してましたね。4時まで勉強して6時に起きていたこともありました。あれは本当に良くなかったです。勉強のお供にエナジードリンクを選んでるそこのあなた、すぐに改めましょう。それはさておき、少しでも多く勉強したい気持ちはよくわかりますが、やはり睡眠時間は削りすぎるものではありませんね。睡眠不足はパフォーマンスの低下に繋がります。まさに本末転倒です。
浪人時代は、その反省もあって、毎日遅くても1時くらいには寝るようにし、最低でも5〜6時間は睡眠時間をとるよう心がけていました。そして7時に起き、9時から予備校で勉強、授業後も自習をし、21時に出て22時半に帰宅。家ではあまり勉強せず、唯一の自由時間を過ごしました。余裕がなくても、嘘でも虚構でも良いから心に余裕を持っていると、その余裕が本当になる、なんてこともあります。普段から力みすぎないことが大切です。
少し長くなりましたが、1年後皆さんが笑顔で大学生活を送っていることを願います。頑張ってください。

今週のメルマガはここまでです。次回もお楽しみに!

--------------------
●受験生応援ページトップ↓↓
 https://www.welcome-kyodai.com/
 現役京大生から回答がもらえる「受験生応援掲示板」、合格者の生の声が聞ける「合格体験記」、「メルマガバックナンバー」などなど、受験生の皆さんに役立つ情報満載です!

●Twitterもやってます。アカウントはこちら↓
@ku_jusapo2018
--------------------
メルマガ運営担当
Mail:jusapo_kyodai@s-coop.net
※メールでのお問合わせへのご回答は日数を頂く場合があります。


京大生協からのお知らせでした。