2018京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

京大受験☆応援メルマガ2018 #19

皆さん、こんばんは!
今回の京大受験☆応援メルマガは京大生の「ぺいとう」「祭」
とっしー」の3人がお送りします。

今週のテーマは、「センター試験直前の勉強法について」です。


落ち葉という秋の置き土産に最近感動している「ぺいとう」【総合人間学部(文系)/浪人】です。
私は現役のときにセンター試験でこけて足切りにかかり、二次試験を受けることができませんでした。
だから浪人のときは、11月後半からセンター試験の対策中心の勉強をしていました。
いくら傾斜がかかってもセンター試験の対策はおろそかにできません!

センター試験の直前期は今までやってきた過去問、予想問題集の解きなおしを主にしていました。
夏休みくらいに過去問10年分を2周くらいはしていたので、答えはほとんど覚えてしまっていたのですが、答えを導くためのプロセスを復習する意味でセンター試験本番までには各教科5周くらいやっていました。
予想問題集も最低2周はやっていました。

もちろん解くことも大切なのですが、それ以上に間違えた問題、本当に理解していない問題の復習はもっと大切です。
私は問題を解く時間よりも、復習する時間の方が圧倒的に多かったですかね。

最後にセンター試験は本当にばかにできません。
京都大学は二次試験重視ではありますが、センター試験をしっかりとっている人が受かっている傾向は否定できませんし、気持ちの面でも余裕をもって二次試験に臨むことができます。

試験終了の時間まで、あきらめないでやり切ってください!


そろそろ家にもこたつが欲しくなってきた「祭」【工学部情報/現役】です。
私は国語や社会が苦手だったので、必ず毎日やるようにしていました。やはり、センターの試験形式は慣れが重要になってくると思います。また、英語のリスニングをiPodに入れて移動中などに聞くようにしていました。真剣に聴かなくても良いので、なるべくこまめに聴いて耳に残すようにすると良いと思います。

また、工学部では理科のセンターの得点は反映されませんが、センターの勉強で基礎の知識を身に着けることはとても大事です。基礎をしっかり固めておけば、二次試験での応用問題も以前よりスラスラと解けるようになります。
京大入試では二次試験が重視されがちですが、基礎がなくては応用も出来ません。センターの勉強でしっかりと基礎を身につけておきましょう。



寒くて寒くて冬眠していたい「とっしー」【工学部情報/浪人】です。
僕は直前はとにかく暗記系をやっていました。

社会や理科の暗記の部分は少し間をあけてしまうとすぐに忘れてしまうので、過去問や予想問題などで毎日触れられるようにして、本番までできるだけ多く問題を解いて、復習をするようにしました。

また、数学はスピード勝負の部分もあるので、計算をできるだけ早くするために、こちらも毎日問題を解くようにしました。
その時、本番は緊張などで時間が足りなくなるかもしれないので、本番の試験時間より10分短い時間でやるようにしていました。

京大は二次が重視されているとはいえ、センターの得点をしっかりとっていくことで、二次の勉強、そして合格へとつながっていくと思うので、まずはセンターをしっかり突破しましょう。


今週のメルマガはここまでです。
年末が近づいてきましたが、息抜きも忘れないように頑張ってください!

--------------------
●受験生応援ページトップ
 https://www.welcome-kyodai.com/
 現役京大生から回答がもらえる「受験生応援掲示板」、合格者の生の声が聞ける「合格体験記」、「メルマガバックナンバー」などなど、受験生の皆さんに役立つ情報満載です!

●Twitterもやってます。アカウントはこちら↓
@ku_jusapo2018
--------------------
メルマガ運営担当
Mail:jusapo_kyodai@s-coop.net
※メールでのお問合わせへのご回答は日数を頂く場合があります。


京大生協からのお知らせでした。