2019京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

法学部

ペンネーム:活字

京大を志望した時期とその理由

僕が京大を志望したのは浪人期です。二浪の自分が心から楽しめる大学ってどこだろうと考えた時、ふと京大が思い浮かびました。そして大学のパンフレットを読み、京都で大学生活を送る自分を想像するにつれて京大への思いはどんどん強くなっていきました。受験勉強が辛くなった時、第一志望校への思いが強ければ強いほど、踏ん張れると思います。

 

受験勉強の仕方 

二浪時は今までの反省を活かし、方向性の正しい努力をすることを心掛けました。志望校の合格ラインと自分の学力の距離を把握して、その時期の自分の学力にあった勉強をすることです。夏休み半ばまでは徹底的に基礎をやり直し、秋以降は演習中心で勉強しました。多くの問題を解くことよりも、復習を重視して、重ね重ね着実に進んでいくイメージでやっていました。間違えた問題や考え方をまとめ、自分の穴を埋めていこうとしました。自分の苦手をまとめたノートは、模試や入試直前に見返すと良いと思います。

 

受験期の印象的なエピソード

 受験時の印象的なエピソードは毎週の日本史の添削指導です。担当してくださった先生は採点と物言いがとても厳しく、何度も悔しい思いをしました。しかし、この添削指導を通じて、ただ知っている知識を書き並べるのではなく、出題者の意図をくみ取った答案を作ることができるようになりました。このことは日本史だけではなく、国数英にも活かすことができたので先生にとても感謝しています。

 

試験を終えての心境

 初めて訪れた京大は想像以上に魅力的で、改めて京大に通いたいと強く思いました。試験の手ごたえは合格も不合格もどちらもあり得るなという感じでしたが、初志貫徹で大学受験を終えられたことには達成感がありました。

 

京大に入学して

京都という新しい環境での、初めての一人暮らしは新鮮です。京大には全国各地から学生が来ているので、いろいろな人がいて楽しいです。二浪を決めた去年の春はこんな大学生活を送れているとは、思いもよりませんでした(笑)。最後まで諦めずに続けて良かったと心から思います。

 

受験生に一言

 現役生の方は時間を効率的に使って、計画的に頑張ってください。受験は早く終えるに越したことはないです(笑)。浪人生の方は勉強時間の確保はできていると思うので、どちらかと言うとメンタル面の方が大事だと思います。現役の頃のように勢いだけでは臨めない分、今までの勉強量や成績を自信に変えてください。強い気持ちと冷静な頭で臨めば、実力を発揮できると思います。僕は「採点者が浪人生だと分かるような答案を作りたい!」「今までの自分の頑張りを見てもらいたい!」という気持ちで臨みました。浪人という経験は絶対に無駄になりません。気持ちを切らさずに頑張ってください。