2019京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

理学部

ペンネーム:わっくん

 僕が京大を目指し始めたのは高校2年の秋頃でした。理由は、模試での成績が何となくいけそうだったのと、総合人間学部という他の大学にはない特徴的な学部があったからです。その頃は数学や物理学の理系科目を勉強しつつ心理学などの勉強もしていきたいと思っていたので、どちらも同時に学ぶことができそうな総人にいきたいと思って、志望をあげて京大にしました。しかし、受験勉強をしていく中で理系科目の面白さにはまっていき、最終的には理学部を志望するようになりました。志望し始めたのはそこまで遅くない方だとは思うのですが、だからといって京大対策の勉強をするわけでもなく、部活に打ち込んだり友達と遊んだりしながら、高3の7月までまともに受験勉強を始めませんでした。(受験生のみなさんはこんなことにならないようにしましょう笑)さすがにこのままではまずいと思ったので、僕は特に苦手だった物理と化学を重点的に勉強することにしました。使った教材は教科書とリードαです。え?もっと難しい参考書や赤本じゃないの?と思ったそこのあなた!そんなに焦ってもいいことはありませんよ!まあ、人によって考え方はそれぞれだと思いますが、僕はわからなかったら基礎の基礎まで戻る事にしていたので、周りの友達が難しい問題に取り組んでいる中一人で公式の導出などをコツコツとやっていました。結局夏休みの1ヶ月間でやったことのほとんどが基礎的な内容になってしまいました。確かに秋になって演習量が足りない事に焦りを感じましたが、そんなこと気にしたってしょうがないので、自分のペースでしっかりと実力をつけていく事にしました。大事なのは、問題演習をしないとダメだという気持ちにとらわれて、分かるはずのないような難易度の問題に取り組んで時間を無駄にすることのないように、一旦落ち着く事です。

 こうすることで受験を盤石な状態で迎えられれば京大合格も余裕かな?と思っていたのも束の間、今度はサボっていた英語が僕に牙を剥いてきました…。具体的に言うと、センタープレテストの英語の筆記で8割取れないくらいです。これはまずいと言う事で英語に本格的に手をつけ始めましたが、結局伸びきることのないまま今に至っています。大学入ってからも英語ができない事に苦労しているので、受験生の皆さんは数学もそうですが英語をできるようにしていったほうがいいと思います。

 長々と書いてきましたが、正直いくら受験生とはいえ同時に高校生でもある皆さんには、勉強以外のことにも全力を尽くしてほしいと思います。僕は受験勉強の合間にお祭りや花火大会などにもしっかりと(?) 行きましたし、7月にあった学祭の準備期間には全く勉強しませんでしたが、クラスの人と一緒に作業したり、その後ご飯を食べにいったことはいい思い出になったと思っています。受験生の皆さんには、勉強以外のことにも全力で楽しみながら、同時にコツコツと努力して最終的に京都大学に合格してほしいと思います。