2019京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

経済学部:文系

ペンネーム:すふれ

京大を志望した理由とその時期

 私が京都大学を志望し始めた時期は、高校1年生の夏でした。オープンキャンパスに参加してキャンパスの雰囲気にとても惹かれたこと、京都に何となく住んでみたかったこと、実家にすぐに帰ることが可能な距離で一人暮らしをしたかったこと、が京都大学を志望した主な理由です。

 

受験勉強の仕方

 私が受験勉強を意識し始めたのは、3年生の夏頃で、それまでの1、2年生の間は、学校の授業の予習、復習、課題、暗記物(英単語・古文単語等)をきちんとこなして、学校のテストを目標に頑張っていました。1、2年生のうちにしっかり基礎を固めておいたおかげで、3年生になった時には受験勉強にスムーズに移れましたし、受験期間中は精神的にも圧倒的に楽でした。受験生の時は、まず何を勉強するにしても、常に計画を作って予め勉強の目処を立てるようにしていました。計画を立てておいたおかげで変に焦ったりすることもあまりなく、自分のペースで勉強を進められたように思います。二次対策は、3年生の夏休み明けから徐々に本格化させていきました。英語と国語は過去問をどんどん遡っていき、京大の問題に慣れるようにしました。数学は、基本、自力で解けるようになるまで何度も繰り返し解いていました。再び似たような問題が出た時に確実に解けるように、根本から理解して解法を身につけることを意識していました。地歴に関しては、私は日本史を選択していて、短答問題は赤本を解いていく中で答えられなかったものを徹底的に覚えていくようにし、論述問題は繰り返し解くことで論述の書き方を身につけるようにしていました。ちなみに、センター対策は、私の場合、ほぼ学校に任せていましたが、日本史・世界史は教科書をできる限りひたすら何周も音読していました。そのおかげで、あまり得意ではなかった世界史の得点が伸びて目標点を超えられるようになりました。センター後は、今まで解いた赤本の復習や過去模試に取り組み、試験一週間前には、新しい問題に手を出すのをやめて今まで解いた問題の復習に専念しました。

 

受験期の印象的なエピソード

 センターの約一週間前に学校でセンター直前プレを受けたのですが、その結果が良くなく、かなりショックを受け、自信を失い、センターが急に怖くなりました。そこからセンター本番までの一週間は、私にとって受験期の中で一番長く、辛かったです。それでも、周りで支えてくれている人達のことや自分が今まで積み重ねてきた努力、京大にどうしても入りたい気持ちを考えるとここで諦めるわけにはいかず、なんとか気持ちを立て直して、センター本番では無事、目標点を超えることが出来ました。センター直前の模試は難しめに作ってあるので、たとえ結果が良くなくてもあまり気にし過ぎずに、本番まで出来る限りの最善を尽くすべきだと思います。あと、特定の教科が悪かったとしても、その教科ばかりに偏り過ぎないようにすることも大切だと思います。

 

受験生に一言

体調管理には十分気をつけ、自分を信じて、最後まで悔いの無いよう諦めずに頑張ってください。