2019京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

総合人間学部:文系

ペンネーム:ポークカレー

私が京大の総合人間学部を志望したのはおそらく高1の秋ごろだと思います。人文科学系の学部に進みたいと漠然と考えてはいましたが、そのころは名の知れた大学というイメージだけで調査票に書いたことを覚えています。私は睡眠時間を確保しないとやっていけないタイプの人間で、部活、学校の勉強との兼ね合いを考えて予備校や塾に行かずにZ会を三年間受講していました。主な勉強法としては教科ごとにノートを作って間違えた問題についての情報を書き留めていました。「何がわからないのか、をわかるようにする」「どのような知識があればわかるのか、どうすればその問題が解けるようになるのかを考える」というスタンスで解説を読む時間や復習の時間にもかなり時間を割いていました。

 

○高1、高2の時の勉強

学校の授業、テストの勉強を最優先で受けたテストの復習は必ず行うようにしていましたが添削問題はためがちでした。また塾に行かない分学校の授業に集中して、授業中に先生がくださる勉強法についてのアドバイスを参考にしたり、勉強に関するフリーペーパーをチェックしていました。この時に触れる問題と受験問題は全く違うことが多いですが、この時期に真剣に学校の勉強に取り組むことは必ず受験の際に活きてきます。

 

○模試の受け方

高3の夏のマーク模試はE判定、冠模試はDの下かE判定でした。秋のマーク模試ではC判定、冠模試もD、C判定と受けた模試で良い判定は出たことがなかったです。ただ受けた模試の復習は絶対にやっていました。ここで大事なのは、受けたその日に自己採点をして間違えたところを確認すること、そして模試が返却されてからもう一度復習することです。これはマーク模試ならマークミス対策をするため、記述式模試なら自分の回答が採点官に伝わっているかを確認するために行います。また自分がどんなミスをしやすいのかを知るという目的もあります。さらに模試の返却時に配られる解説・講評は今後の勉強の計画を練る際に参考になる的確なアドバイスが盛り込まれています。判定よりもその結果をうけてからの行動が大切です。もちろん模試の受けすぎは復習が行き届かなくなってしまう恐れがあるのでよくありませんが、模試の問題に全く手が出ないとしても、もし京大を志望しているのであれば冠模試は十分受ける価値があると思います。

 

○情報収集

私は塾に行っていなかったので情報収集は自分でする必要がありました。例えば模試はアクセスのよい会場はすぐに定員に達してしまうので、申し込みは早めに行ったほうが良いです。受験情報に関しては京大生協やZ会のメールマガジンにお世話になりました。情報収集の際に大切なのが、自分は何ができていないのか、ということをわかってから行うということです。勉強法というのは巷にあふれかえっています。なんでも鵜呑みにするのではなく、しっかり現状分析をしてから情報収集を行ってください。模試の復習や科目別ノートはそれの一助になるのではないかと思います。

 

受験が近づく中で自分の現状に絶望してしまうことがあるかもしれません。しかしこれまでの自分の努力が報われる日はもうすぐそこまで来ているかもしれないのです。真摯に目の前の問題に取り組む姿勢を持ち続けてください。