2018京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガはこちらから

特色入試受験生の方へ

受験生パック請求はこちらから

Twitter

京大受験☆応援メルマガ2018 保護者向け情報#16

みなさま、あけましておめでとうございます。

京都大学生活協同組合・職員の井崎宏子と申します。
2018年度受験予定の受験生保護者や関係者のみなさまに向けた情報#16をお届けいたします。

松の内を過ぎてしまって新年のご挨拶となりました。
年末年始はどのようにお過ごしになったでしょうか。

今週末は早くもセンター試験ですね。
曜日で日程が決まっているため、2018年は成人式もセンター試験も「最速の日程」ということになりました。

京都大学では二次試験の配分が高いといわれていますが、センターでもしっかり実力を発揮したいですね。
体調に気をつけつつ、直前は無理をしないように。
心配なのがお天気ですが、天気予報、交通情報を確認して、ゆとりを持って行動しましょう。
万が一遅れた場合や、忘れ物をした時の対応なども考えておくと安心です。
交通ルートも複数あるといいですね。

試験会場では十分に暖房されていると思いますが、室内外の気温差が大きくなると思わぬ体調不良を引き起こすこともあります。
状況に応じて、暑さ寒さ調整がしやすい服装を心がけましょう。

これから1ヵ月あまりが本当の正念場となりますが、今までのペースを崩されることのないよう、お過ごしください。

センター試験の日は、「いつもどおり」「笑顔で」送り出しましょう。終わったら、聞きたくなる気持ちをグッと押さえて、試験の出来に一喜一憂しないようにしましょう。


ところで、「ついつい言葉にしてしまって後で反省」・・・ということ、ありませんか?
落ち着いて考えれば他の言葉を選べるのに、反射的にNGワードを言ってしまう・・・。
私もよくやってしまうのですが、これを「脊椎反射」と呼んでいます(我流です)。

--------------
【脊椎反射とは】
動物が刺激を受けた場合に、脳で意識しないうちに脊髄が中枢となって起こる反応。
感覚器が刺激を受容してから行動に移るまでの情報伝達が、脳を経由せずに完了するので、脳を経由して反応するよりも素早い行動が可能となる。
例)熱いものに手を触れたとき、瞬間的に手を離すなど。
--------------

脊椎反射は動物が生存するための大切な反応ですが、人とのコミュニケーションにおいてはあまりいい反応とはいえないようです。

「その言葉、唇からもれる前に3秒、考えよう」
これも自戒のための「標語」です(笑)。

ほかにも、「カッとしたりイラッとしたら、6秒沈黙する」
「調整できない感情が生まれたら、すぐに反応せず、自分の好きなもの10個を考える」ということも聞いたことがあります。

相手に対する影響を考慮するということもありますが、自分自身のコントロールにも役立ちますね。

ただふだんから自分の気持ちや感情を抑えがちな方は、逆にどこかでしっかり発散することも大切です。


京大生協受験生応援☆メルマガをお読みいただき、ありがとうございました。
次回は1月17日にお届けする予定です。

京大生協からのお知らせでした。
メールアドレス等の登録内容の変更はこちらから↓