2020京大生協受験生web

工学部電気電子工学科

ペンネーム:はやと

京大を志望した理由とその時期

僕は京都大学に合格するのに2浪もしたので、僕の受験体験記が京都大学を志望している皆さんの参考になるとは思えませんが、張り詰めた受験勉強の箸休めにでもなったら良いなと思い、書かせてもらいます。

 僕が京都大学を目指すようになった時期は高2の夏ごろでした。ちょうどその時期に学習塾に通い始めて、その塾に入る際に志望校を聞かれ、大阪住みだったので関西圏で最もレベルの高い京都大学と答えたのがきっかけでした。志望学科は理系だったので工学部しか考えていなかったのですが、高3になってから受験の合間にテクノロジーのニュースなどを読んでいるうちにAIやコンピュータに興味が引かれ情報と電気電子に決めました。(浪人時は、電電が第一志望)

 

受験勉強の仕方

 では、受験期の勉強法ですが、こればかりは2浪の僕の勉強法を参考にするのはあまりおすすめできませんので、少ししか書きません。現役のときは、9月終わりまでに一通り問題集や塾のテキストで基礎を固めて、それ以降は過去問とセンター地理がメインで、過去問で見えた弱点を潰していました。センター後から二次本番までは、ひたすらに過去問をといて、どこで何分使って何点とるかを調整しました。浪人のときも、基本は教科書、問題集で基礎固めしながら、たまに過去問や模試で時間感覚を身につけるという方針でやっていました。1浪目は宅浪で、2浪目は予備校に通ったのですが、やはり予備校のほうが生活リズムも整えやすく計画的に勉強できたと思います。

 

受験期の印象的なエピソード

 僕は、1浪時に宅浪をしていましたが、この一年間は完全に生活リズムが崩れ、9月以降から好きな芸人の漫才を聞きながらじゃないと全く寝られないくらい精神的にもやられ、勉強をしていても全く身についている感覚がありませんでした。その年は、電電と地球工に志望を変えたのですが、本番の最後の理科二科目がプッレシャーで頭が全く回らず、結果、現役時に合格点をとれていた地球工までも落ちてしまいました。その後、一年間2浪目を頑張れたのは、1浪のセンター試験一日目に同じく京大を目指して浪人していた高校の仲の良いクラスメイトに偶然出会えたおかげだと思っています。その友達とはその年センター二日目も京大二次も一緒に受けに行き、受験後に遊ぶ約束もしていたのですが、僕が落ちたので連絡できませんでした。ですが、4月から通うことになった予備校で彼の合格体験記を見つけ、絶対に来年京大に合格して彼を遊びに誘おうと決心し、前向きに受験勉強に取り組めました。

 

受験生に一言

 最後に、僕も現役生の頃は浪人なんて死んでも嫌だと思っていました。ですが、気がついたら二浪していました(笑)。今は、受験が終わって3ヶ月くらい経ちましたが、受験なんて遙か昔のことのように感じます。喉元過ぎれば熱さを忘れるってやつです。人生そんなもんです。ただもうひとつ言えるのは、絶対現役で合格した方が気持ちいいです(笑)。2浪より1浪で合格できた方が気持ちいいです。ですので、受験生の皆さんには、僕が味わえなかったその気持ちよさをぜひ感じてほしいなと思います。無理せず頑張ってください。