2020京大生協受験生web

経済学部:理系

ペンネーム:ノヒ

 京大を志望した時期は、高2の冬頃です。当時は、毎日部活の野球に打ち込んでいて、大学のことなんて全く考えておらず、なんとなく卒業してなんとなく就職しようかなって思っていました。大学に行きたいと思い始めたのは、ひょんなことから経済と経営を学んでみたいと思ったからです。そこで経済と経営を一緒に学べる大学を探し始めたのですが、調べていくうちに、経済学部が文系であるという衝撃的な事実を初めて知りました。根っからの理系の僕はショックを受けましたが、そんな時、京大を見つけました。経済学部経済経営学科+理系受験!希望を見つけました。それから“自由の学風“にもなんとなく憧れがありました。そうして京都大学経済学部を受験することに決めました。もちろん京大に入ることが簡単なことではないことくらい僕にもわかっていました。周りには当然馬鹿にされました。

 こうして僕の受験生活が始まるのですが、決して楽なものではありませんでした。これまで高校の授業をまともに受けたことがなかったので文字通りゼロからのスタートです。幸い数学は好きだったので、これまで自分で多少の学習をしていましたが、数学以外に関しては無知同然だったので、まずはそれぞれの科目の勉強法を調べて、おすすめの参考書に片っ端から取り組んでいきました。その後は、過去問を取り掛かりました。僕の場合、実力ついてから過去問に取り掛かろうと思ったらいつまでたっても解けないので、ここは割り切って早めに始めました。習うより慣れよ、です。

受験期の印象的なエピソードとしては、センター直前、覚えたことを忘れるのがいやでテレビを一切見ないようにしていました。音楽も歌は聞かず、聞いていたのは英語のリスニング音声とピアニスト辻井伸行さんのピアノだけです。中学生の時は受験前ですら一日三時間以上テレビ視聴が欠かせなかったので、人間って目標のためならこんなに頑張れるのだなと自分でも驚きました。

最後になりますが、受験生のみなさんに伝えたいこととしては、まず、睡眠はしっかりとってください。一時期僕は一日4時間半の睡眠で過ごしていましたが、一か月ほどしたころ、得意だったはずの数学が全然できなくなったことに気づいて恐ろしくなりました。それからはちゃんと寝るようにしました。睡眠は思ったより大切です。僕もそうでしたが、たくさん寝るのが不安だという人は昼寝をすることをおすすめします。昼食後の10分昼寝するだけでもだいぶ変わります。ちなみに僕は、受験前は毎日1時間の昼寝をしていました。なかなかいいですよ。あとひとつ、どうかみなさん自信をもってください。知識ゼロの僕でも、独学で、一年で合格することができました。みなさんにできないはずはないです。最後は気持ちです。見かけでもいいんです。だれよりも強い気持ちさえもっていれば何とかなります。僕は何とかなりました。自分を信じてください。

京都大学でお待ちしております。