2020京大生協受験生web

農学部森林科学科

ペンネーム:あさひ

京大を志望した理由とその時期

自分が高校に入学したときは特に志望校は持っていませんでした。1年生のときの担任の先生が少し意識の高い人で、「模試の志望校判定には絶対東大か京大を入れろ」と言われ、なんとなくで京大を書いたのが自分が京大を志望したきっかけです。その後、オープンキャンパスに伺った際、見せてもらった研究が自分のやりたいことと一致していたことで自分の京大志望は確固たるものになりました。

高校のときは部活もあり、受験を意識して勉強するようになったのは3年生の秋頃でした。正月を過ぎて授業がなくなるまではほとんど授業の内容の復習がメインで、授業がなくなってからは少しずつ過去問に手を出していきました。ただ、センター試験でかなり余裕のある点数をとり、過去問での手応えもあった自分はすっかり慢心してしまい、2次試験の前はちょうど開催されていた平昌五輪の中継を見てから学校に行って友達と駄弁るという最悪の行動パターンをとってしまいました。そんな取り組みでは点数が伸びるはずもなく、2次試験で失敗した自分は浪人することとなりました。

 

受験勉強の仕方

浪人生のときは予備校の授業の予習復習をメインに勉強していました。通学時間がそこそこかかっていたのもあり、自習室には残らずに授業が終わったらすぐ帰っていました。夏期や冬期の講習はほとんど取らずに、どちらも家にこもって過去問をやっていました。夏期はあまり根を詰めずに過去問を広く浅くやりつつ予備校の教材の復習もはさむという勉強法でした。センター前や2次の前はとにかくインフルエンザが怖かったのでほぼ家から出ませんでした。予備校ではセンター対策らしい対策をしていなかったので、センター前は過去問や予想問題を解いて感覚を取り戻すということを意識して勉強しました。特に英語のリスニング、発音、アクセント、文法語法は京大の2次ではほぼ出題がないため対策があまりできていなかったので、重点的に勉強したことを覚えています。センター試験は去年よりもいい点数を取れたのですが、苦い記憶があるので慢心しないように気を引き締めて2次の勉強に臨みました。自分は数学がウィークポイントだと思っていたので、2次の前はとにかく数学の25カ年などの過去問に取り組みました。間違えた問題にチェックをつけ、それらを再度解くということを繰り返し、特に解けないことの多い問題は核心の部分をメモしておくようにしました。このメモは本番直前のチェックの際にかなり役に立ちました。他の教科についてはたまに過去問を解いて実力を維持する程度にとどめていました。

試験を終えたときはとにかく勉強することそのもの、そして勉強しなければならないというプレッシャーからの解放でとてもリラックスできました。

 

受験生に一言

京大を受験する方々には、どうせ受験が終わったら勉強の苦痛は忘れるので、慢心してサボったりせずに最後まで勉強し通して欲しいです。