2020京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガ #10

皆さんこんにちは!

今回のメルマガは「モンちゃん」「のぐたん」「ちさ」の3人がお送りします!テーマは「京大の講義について」です。

 

こんにちは。夏の間の部活でできた日焼け跡に悩んでいる「モンちゃん」【教育学部文系/2回/現役】です。

今回は京大の講義について紹介します。まず、京大の講義は、それぞれの学部で受ける専門科目と、どの学部の人でも受けることのできる全学共通科目に分けられます。私は教育学部で心理学を学んでいて、専門科目では臨床心理学や教育心理学といった授業を受けています。一方の全学共通科目では、何を学ぶかがとても自由であるため、私は地理学や統計、日本文学の授業などを履修していました。

授業の方法も、教授の話を聞くことはもちろん、学生がプレゼンテーションを行って意見交換をしたり、授業内で映画を見たりと様々です。

高校までとは異なり、自分の興味に合わせて自由に時間割を組むことができるというのが大学の講義の大きな魅力の1つだと思います。

 

京大の講義について

後期の講義が始まり、やる気に満ち溢れている「のぐたん」【工学部・物工/2回生/現役】です。「後期の講義」ってラップみたいな始まりになってしまいましたね。まあ、それは置いといて。今回は理系学生の観点から京大の講義の魅力について書きます!1つ目に、京大といえば研究が盛んなイメージを持っている人が多いと思います。そんな研究で使う機械や施設を学生実験やゼミなどで見学、さらには利用することができてしまうのはかなり魅力的ではないでしょうか。将来自分がノーベル賞受賞者に、なんて夢が叶えられるかもしれません。

もう1つは、講義がかなり自由に選べるということです。これは文系学生も同じかもしれません。専門科目などは指定されることもよくありますが、全学共通科目は驚くほどの種類があります。ちょっとした興味で取った講義の先生がめちゃめちゃ面白いなんてこともあります。京大の面白い講義をぜひ体験して欲しいと思います!

最後になりますが、季節の変わり目で風邪をひきやすい時期です。実際これを書いている人はめちゃめちゃ喉が痛いです。自分の本気を受験で発揮して後悔しないためにも体調管理はしっかりとしましょう!

 

運動不足に悩まされている「ちさ」【工学部・工化/現役/2回生】です。

上の2人が書いてくれたように、京大の講義は本当に様々で、その講義を自由に履修することができます。高校の時はあまり興味がなかった科目でも大学で勉強してみたら面白い!といったことがよくあります。私は高校までは地理は好きではなかったのですが、大学の全学共通科目で地理学の講義を受けて、興味を持ちました。また、他の学部の専門科目を受けることができる「他学部聴講」という制度もあります。「工学部だけど、経済学部の授業も受けてみたい!」などといった時に自由に履修することができると思います。

講義は主に京大の教授がしてくださいます。「次の授業は海外で学会があるから違う人が授業します」なんてこともしばしば。世界的な研究をし、学会や論文で発表されている方々から直接学べ、授業後にはとことん質問できるいうことも魅力のひとつに感じます。

 

今回のメルマガここまで!

 

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期だと思うので、くれぐれも体調にはお気をつけて!

 

次回もお楽しみに!