2020京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガ #17

皆さんこんにちは!

 

今回のメルマガは「うえてぃー」「ちさ」「てんゆー」の3人がお送りします!テーマは「勉強のお供、息抜き方法、集中する方法」です。

 

 

先日、藤原さくらのライブに行く夢が叶って余韻に浸っている「うえてぃー」【法学部/一回生/浪人】です。

 

僕は勉強のお供について話そうと思います。僕が受験期に勉強のお供にしていたのは、水とチョコレートです。

 

皆さんの中には、眠気を覚ますためにコーヒーや緑茶などのいわゆるカフェインを多く含む飲み物を飲んでいる人もいると思いますが、カフェインの摂り過ぎは快適な睡眠を阻害してしまい、却って寝不足になることも。そこでおすすめなのが水!

水を飲むと脳の働きが活発になるだけでなく、集中力も向上することが海外の大学の研究から明らかになっているんです。この時期は常温もしくは温めて飲むとお腹にも優しくてなお良し!

 

次にチョコレート。チョコレートには、脳を働かせるのに必要となるブドウ糖に加え、脳内の血流を良くするテオブロミンと呼ばれる物質が多く含まれています。これによって集中力が高まり、暗記力も向上します。ところでこのテオブロミン、実は自然界ではほぼカカオにしか含まれていないそうですよ。

 

さあ、受験勉強もそろそろ終盤戦。勉強漬けの毎日だとは思いますが、皆さんも時には水やチョコレートの力を借りてみては?

 

 

年越しまであと1ヶ月という実感が全くわかない「ちさ」【工学部・工化/二回生/現役】です。

 

私からは「息抜き」についてお話しします!皆さん、息抜きはしていますか?入試が迫ってきて時間がないと感じているかもしれませんが、適度な息抜きは気持ちを安定させたり、リフレッシュをしたりするのに必要ではないでしょうか。

 

私の息抜き方法は、友達や家族と話すことと散歩することです。勉強を一緒に頑張っている友達や、サポートしてくれている家族は私にとって大きな存在でした。不安や悩みを持ちながらも頑張っているのは自分だけじゃない、たくさん応援してくれる人がいる、頑張ろうという気持ちが湧いてきました。

 

それから、自分の好きなことをするのもおすすめです!私は歩くことが好きなので疲れたら10分くらい散歩していました。体を動かすことでリフレッシュされて、さっきまでわからなかった問題が解けたりすることもありました。

 

息抜きする時はあらかじめ時間を決めて、その時間は思いっきり息抜きしましょう!そうすることで、だらだらと休憩することがなくなり、その後の勉強に集中できると思います。

 

寒さも厳しくなってきました。頑張りすぎて体調を崩してしまうことがないよう、勉強と息抜きのメリハリをつけて過ごしてください。応援しています!

 

 

最近、寒すぎて朝なかなか布団から出られない「てんゆー」【農学部・森林科学科/一回生/現役】です。僕からは集中する方法についてお話します。

 

長時間の勉強に疲れて集中できなくなってしまったり、モチベーションが保てなくてすぐに勉強をやめたくなってしまったりするときもありますよね。僕は、同じ教科を長時間勉強するのは飽きてしまいメリハリがつかないなという実感がありました。そこで、いろいろ試してみて、自分に合った二つの方法を見つけました。

 

まず一つ目の方法として、勉強の合間に好きな音楽を聴きながら15

分ほど散歩するのが効果的でした。音楽を聴いたり、季節を感じたりすることでリフレッシュすることができ、勉強に集中することができました。

 

二つ目はその日に勉強する内容を各教科書き出す方法でした。勉強が進むにつれて項目が消えていく達成感がたまらないです。それぞれに目標時間を設定して時間を測りながら勉強するのも良いですよ。

それぞれに合った勉強方法があるので、自分にピッタリの勉強法を探してみてくださいね。少しでも参考になれば幸いです。

 

 

今回のメルマガはここまで!

 

残りの限られた時間も大切に使っていきましょう。

 

次回もお楽しみに!

 

--------------------

●受験生応援ページトップ↓↓

https://www.welcome-kyodai.com/ 

現役京大生から回答がもらえる「受験生応援掲示板」、合格者の生の声が聞ける「合格体験記」、「メルマガバックナンバー」などなど、受験生の皆さんに役立つ情報満載です!

 

●Twitterもやってます。アカウントはこちら↓

@ku_jusapo2020

--------------------

メルマガ運営担当

Mail:jusapo_kyodai@s-coop.net

※メールでのお問合わせへのご回答は日数を頂く場合があります。

 

 

京大生協からのお知らせでした。