2020京大生協受験生web

総合人間学部:理系

ペンネーム:とまと

これを見ているということは、あなたは少なからず京都大学を志望しているのだと思いますが、あなたの志望理由は何ですか?「特に明確な理由はないけれど、とりあえずレベルの高い大学に入っておきたいから」そう思ったあなた、私と同じです(笑)

私は高校1年生くらいの時から、進路を学校や塾で聞かれることが増え、上記のような理由で京都大学を志望し、科学が好きだからと言う理由で理学部を志望していました。

すごくいい加減な決め方ですが、初めはそんなもんでいいのでは、と思います。やりたいことが決まっている方はそれに適した進路に進めばいいでしょう。しかしそれ以外の方はやりたいことを考えたり、探したりするよりも、とりあえずレベルの高い大学を目指して勉強するほうが、いい結果が待ち受けていると思います。そして進路を仮決めして、そこに進んでいると、進む前には知らなかった情報が入ってきたりして、また新たな道が見えてきたりするものです。私は総合人間学部という新たな道が見えて、今はそちらに進んでいます。

 

次に皆さん、勉強法を勉強しましたか?これ、結構大事です。これを勉強したか否かでは同じ時間勉強しても、雲泥の差が生まれます。私は本やYouTube、ブログなどで勉強していました。皆さんもこれらから学んでいただければいいのですが、私からも1点だけ大事ではないのかなと思っていることを述べさせていただきます。

全ての教科でインプット中心の勉強ではなく、アウトプット中心の勉強を心がけた方がよいということです。例えば、参考書とはとっととおさらばし、問題集中心の勉強を心がけた方がよいと思います。勉強しているわりに結果があまりでない人はインプット中心になっていることが多い気がします。何を隠そう、私も初めはそうでした(笑)

 

もう一点。皆さん、最後まであきらめないでください!2020年度の入試は初日に行われた数学がかなり難しく、私は全く自分の思うように解くことができず、はっきり言って初日で落ちたことを確信し、落ち込んでいました。しかし、ホテルの部屋に置かれていた、そのホテルの社長が書いた本で180度考えが変わりました。その本にはピンチをチャンスに変えてホテル事業を成功させた話やその秘訣などがかかれた、社長には失礼ですが、ありきたりな自己啓発ものだったのですが、この時の私にはささりました。「こんなに難しかったのだから、みんなもできてないに違いない。つまりこれはピンチなのではなく、数学で差をつけられずにすんだチャンスなんや」と切り替えることができ、翌日自分の力を出し切り、見事合格することができました。皆さんもセンター試験、本試と受ける中で自分の思うように解けない教科がきっと出てくると思います。しかし、切り替えて最後まであきらめないでください!

 

最後に一言。皆さん、無理のしすぎはよくないと思います。皆さん何のために勉強しているんですか?自分の人生を豊かにするためですよね?じゃあ現在の人生も豊かにしなくてはいけないと私は思います。自分のマックスパワーの8割くらいの力で毎日コツコツと勉強し、残り2割で好きなことをするのがストレスもかからず、そして結果的に一番勉強でき、精神的に豊かな生活をおくれると私は思っています。

 

私も京都大学で夢に向かって頑張っています。お互い、コツコツマイペースに頑張りましょう!