2020京大生協受験生web

薬学部

ペンネーム:Speed

京大を志望した理由とその時期

私が京大を志望した第一の理由はその自由な校風にあこがれたからです。噂に聞くような楽しそうな環境で、自分の興味ある分野を学び将来につながるような勉強をしたいと思ったからです。また、実家からも離れ、京都という伝統あふれる街で一人暮らしをする、という高校までとは環境がまったく異なる場所で自立した生活を送るという新鮮な体験にもあこがれていたということも、京大を志望した理由のひとつです。

 

受験勉強の仕方

勉強方法は自分にあった、自分が守れるような1週間のスケジュールを組み立てそれを実行していくということを続けていました。自分の集中力がもつ時間、とらなければならない睡眠時間などを試行錯誤していくなかで把握し、安定して続けられるリズムを保ち続けました。自分は集中が続くほうではなかったので、1時間ごとに5.6分の休憩をとっていました。また、週初めに今何の勉強を進めるべきなのかを考え、あくまで少なめに、各日付ごとにやることをメモ帳にまとめていました。

 

受験期の印象的なエピソード

受験期に印象に残った、驚いたことは周りの存在がいかに大きかったか、ということです。受験勉強を始めたときは、受験は一人で行うものだ、周りは敵だ、というように考えていました。その分つらいこともため込んだり、参考書等受験に役立つ情報も少なかったです。夏休み手前くらいに精神的に追い詰められてなかなか無理をして、学校で常に寝てるという時期がありました。それを見かねて心配してくれた友達がごはんに連れてってくれて、そこでたまった愚痴を吐き続けたら、すごい心が軽くなりました。それ以降はどんなことでも周りを頼るようになり、勉強方法も改善されましたし、ストレスも発散できたり、様々な情報を入手できたりと効率もよくなりましたし、なにより苦痛でしかなかった毎日が楽しくさえなりました。

 

京大に入ってよかったこと

今はコロナウイルスの影響で普段とは違う授業形態かもしれませんが、やはり噂には聞いていた通り自由に自分の興味のあることを学べる仕組みになっていると思います。私は理系ですが、理系の学問のみではなく文系の学問もご教授を受けることができ、すべての授業を楽しく受けることができています。また、同じ学部には個性豊かな面白い人も多く、この状況下においても楽しい大学生活を送れていると実感しています。

 

受験生に一言

受験第一の生活はいままでにないほどつらく長い道に思えるかもしれません。思うように成績があがらず悩むこともあると思います。そんな状況でも、一度立ち止まって休んだり、友達に相談するなどでもいいから無理をすることはやめてください。けっして楽しいものではないですが、受験は貴重な経験になります。今自分に必要なことを考え、できる限りの力を尽くして受験が成功することを願い応援しています。