2020京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガ #22

皆さんこんにちは!

 

今回のメルマガは「さおりん」「りっくん」「てんゆー」の3人がお送りします!テーマは「センター試験直前の過ごし方体験談」です。

 

 

こんにちは!最近人生で初めてカラオケオールをしました、さおりん【農学部・食品生物科学科/一回生/現役】です。

 

センター直前期は目標点に届かず焦るときも多いと思います。私も、直前のセンター模試でE判定をとりかなり落ち込みました。しかし、結果よりもなぜ間違えたのか、どこが分からなかったのか知ることが大切だと考え、焦らず復習をしっかりとするようにしていました。また、純粋にマーク形式に不慣れなことや時間配分が苦手といった問題もあったため、マークシートを使う、試験時間を10分短縮して問題を解いてみるという練習もしました。

 

また、体調面でも風邪対策はしていたものの、センター1週間前に首を痛めてしまいました。当時は人生終わりだというレベルで落ち込んでいましたが、今思えば必要以上に落ち込んだ時間がもったいなかったです。不測の事態が起こっても悲観的になりすぎず、気持ちを切り替えていくことが大切だと思います。

 

センター試験は二次試験とはまた違った緊張感があると思いますが、気負わず頑張ってください!受験生の皆さんの健闘を祈っています。

 

 

こんにちは、最近正月ボケが止まらないりっくん 【経済学部/一回生/現役】です!

 

自分はセンター試験直前は2次試験では使わない理科基礎や地理、そして大の苦手だった国語を重点的に対策していました。理科基礎や地理については12月から高校で始まったセンター演習で間違えた問題を中心に知らなかった事柄をノートに書いて記録し、センター試験の直前にそのノートをチェックしていました。また、世界史については年号が絡む問題についての年号を多くノートに記録していたのを覚えています。この勉強は2次試験の世界史の勉強にもつながったと思います。

 

そして、国語なのですがひたすら演習を繰り返して勘をつけていこうとしていましたが、残念ながらあまり伸びませんでした。受験生で僕のように国語が苦手な人はいると思いますが闇雲に問題を直前に解くことはあまり意味がない気がしたので、漢文とかの単語や句形などの基礎を固める方に重点を置くことのが点数につながったかもしれないと受験を通じて感じました。

 

センター試験まであと1週間ちょっとですが体調には気をつけて頑張ってくださいね!

 

 

最近会話にボケをはさみすぎて話が進まなくなってしまうてんゆー【農学部・森林科学科/一回生/現役】です。

 

非常に情けないのですが、年が明けて正月に気が緩んでしまって、一月二日に体調を崩してしまいました。微熱が一週間ちょっと続いたので、「これは本番体調を崩したときの練習だ」と自分に言い聞かせてセンターの過去問を解いていました。この練習は全くいらないので、しっかり体調管理を心がけてくださいね(笑)。

 

センター直前の一週間は、不安になってしまうのがとても怖かったので、しっかり寝て、散歩して、音楽を聴いて、心に余裕をもたせようとしていました。過去問を解いて悪い点数を取りたくなかったので、問題演習はせずに、世界史や英語の発音アクセントなどの暗記事項を見直していました。

 

参考にして頂ければ幸いです。今までの努力が実ることを祈っています!頑張ってください!

 

今回のメルマガはここまで!

センター試験当日まで、まっしぐらに突き進んでいきましょう!

 

次回もお楽しみに!

--------------------

●受験生応援ページトップ↓↓

https://www.welcome-kyodai.com/ 

現役京大生から回答がもらえる「受験生応援掲示板」、合格者の生の声が聞ける「合格体験記」、「メルマガバックナンバー」などなど、受験生の皆さんに役立つ情報満載です!

 

●Twitterもやってます。アカウントはこちら↓

@ku_jusapo2020

--------------------

メルマガ運営担当

Mail:jusapo_kyodai@s-coop.net

※メールでのお問合わせへのご回答は日数を頂く場合があります。

 

 

京大生協からのお知らせでした。