2020京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガ #15

皆さんこんにちは!

今回のメルマガは「さおりん」「りっくん」「うらべ」の3人がお送りします!テーマは「秋以降のおすすめ勉強法」です。

 

こんにちは!最近間違えて度無しのPC眼鏡を買ってしまい、仕方なく普通の眼鏡の上から掛けている「さおりん」【農・食品/2回/現役】です。

 

今回は秋以降の勉強法について、自分が実際にやっていた方法を紹介したいと思います。

 

私は文系科目が得意で理系科目が苦手というタイプでした。そのため、秋以降は国・英は過去問に手をつけ始めていました。私は予備校の添削サービスを利用していましたが、高校の先生方に添削していただくのも良いと思います。やりっぱなしはもったいないので、復習はしっかりしていました。

 

数・理はとても苦手でかつ高校の授業進度が遅かったので、秋以降も自信のない分野は基礎的な問題を中心に勉強していました。また、比較的得意な分野や京大で頻出の分野は、赤本で難易度が低いとされている問題を解いてみたりしていました。

 

センター対策は、たまにあった模試の復習をするくらいしかしていませんでした。ただ、社会で点を稼ぎたかったのと、単純にずっと二次対策をしているのがしんどかったので空き時間に日本史の勉強をしていました。資料集などを眺めていると気分転換になっていたような気がします。

 

また、今年はイレギュラーで状況が違うかもしれませんが、私は二学期が始まって自分で使える時間が減ってしまったので、一日のはじめに今日何を勉強するか決めてだらだら勉強しないようにしていました。

 

あくまで私個人の方法ですが、参考になれば嬉しいです。寒くなってきたので体調に気をつけて、頑張ってください!

 

 

こんにちは!最近週に1度のキャンパスライフを満喫している「りっくん」【経済・⽂系/2回/現役】です。今回は秋以降の勉強法について話したいと思います。

 

⾃分は、秋以降少しずつ京⼤の過去問や冠模試の問題を解く時間を増やしていました。特に数学は得意科⽬だったので過去問や冠模試の問題を楽しみながら解いていたのを覚えています。また、数学については京⼤以外にも東⼤や⼀橋⼤の問題も解いていました。良問が多いので余裕のある⼈はおすすめです。

 

また、世界史の過去問もこの頃始めました。世界史は⼀問⼀答形式の問題が⼤半を占める⼤問2、4を中⼼にまずは始めました。本番までに 3

周ぐらいはしたと思います。論述については中国史が頻出なので重点的にやっていました。また、センター試験の過去問を20年分ぐらい解いていました。現在センター試験から⼤学⼊試共通テストに試験が変わってどうなるかは何ともいえませんが過去問や予想問題を解くことでマーク式の問題の傾向はある程度掴めると思います。

 

英語も過去問を少しずつ解く機会を増やしました。しかし、英語は近年問題の傾向が変わってきているので過去問や冠模試の傾向に頼りすぎない⽅がいいと思います。

 

国語は⼤の苦⼿科⽬でした。2週間に 1回ぐらいの頻度で学校の先⽣に過去問を解いて添削してもらったのと学校の先⽣からもらったセンター対策の問題を解いて勉強していたのを覚えていますが本番も点数が全然出ていないので⾔えることはあまりないです。

 

気づけば肌寒い季節になってきました。体調管理には気をつけて後4ヶ⽉ちょっと頑張ってください!

 

 

なんだか急に肌寒くなってきましたが皆さんお元気ですか?今すぐ消失した秋を呼び戻したいと切実に願うの「うらべ」【工学部・電気電子工学科/2回/一浪】です!

 

工学部では入試の傾斜配点がかなり特徴的で、一次の200点のうち地理が100

点を占めています。しかし僕は地理が大の苦手で、解き方も点数もあまりよくありませんでした。そのため、11~12

月頃は二次に向けての勉強と同じくらい地理を勉強していました。予備校なので、皆さんも毎週決まった曜日の決まった時間が空きコマになっていると思います。その時間の中で、60分測って過去問一回分を解き答え合わせをし、休み時間に先生にわからないところを質問するまでをルーティン化することで、講義以外でも様々な知識を得るとともに“

解く”ことに慣れていきました。次第に地理への興味が強くなり、自分で調べているうちに問題に関連した他の情報も得られるようになってきて楽しかったのを今でも覚えています。

 

二次試験に関しては、この時期は講義で取り扱った“京大入試を意識した問題”を再度解き直すことに努めていました。特に一度解いたことのある同じ問題について、再度見た際に同じアプローチができるか、また違う角度から解答を進めることはできないかを考えながら解いていました。

 

勉強には自分だけではない様々な視点、例えば先生に添削してもらったり、友達に聞いたりすることが大切だと思います。様々な視点を自分のものにし、みなさんが万全な状態で挑めるように応援しています!

 

 

 

今回のメルマガここまで!

 

いよいよ秋が深まってくると、本番まで時間がないことを感じて焦っている人もいるかもしれません。しかし合格するために何をすべきなのかは人によって全く違います。今日のメルマガでも、基礎を固める、過去問を始めるなど、同じ時期でも勉強内容は人それぞれです。「周りが○○してるから自分も・・・」といった勉強のしかたも切磋琢磨できて良いですが、やはり自分の現在地からゴールまでの道のりを見据え、自分にあった計画を立てていくことが、これからの時期は大切になっていくのではないかと思います。自分の計画の中で焦ることはあっても、自分と周りを比べすぎて過度に焦る必要はありません。

 

これから約4ヶ月、踏ん張って、頑張っていきましょう!

 

 

次回もお楽しみに!

--------------------

●受験生応援ページトップ↓↓

https://www.welcome-kyodai.com/

現役京大生から回答がもらえる「受験生応援掲示板」、合格者の生の声が聞ける「合格体験記」、「メルマガバックナンバー」などなど、受験生の皆さんに役立つ情報満載です!

 

●保護者用メルマガはこちらから↓↓

https://www.welcome-kyodai.com/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%AC%E7%99%BB%E9%8C%B2/

 

 

●Twitterもやってます。アカウントはこちら↓

@ku_jusapo2021

--------------------

メルマガ運営担当

Mail:jusapo_kyodai@s-coop.net

※メールでのお問合わせへのご回答は日数を頂く場合があります。

 

京大生協からのお知らせでした。