2020京大生協受験生web

京大受験☆応援メルマガ #16

 皆さんこんにちは!

 

今回のメルマガは「まゆぼぼ」「メープル」の2人がお送りします!テーマは「特色入試について」です。

 

こんにちは、「まゆぼぼ」【経済学部/2回生/一浪】です。

 

特色入試が最初の入試という人が多いですよね。一足先に入試本番を経験できることは有意義だと思います。私自身、第二次選抜当日はとても緊張していました。試験終了時刻が近づくと、焦りも加わって手足の震えが止まりませんでした。震えで字も上手く書けず、結局最後まで自分の考えを書き切れないまま試験が終わってしまいました。

この経験から、センター試験の前には、「緊張したときは手足の力を抜こう」「時間がなくなると焦るから、得意な問題から確実に解こう」などと自分のルールを決めておいたので、安心して受験できました。このように、本番の経験は強みになります。もちろん、特色が発揮できるよう、今からのイメージトレーニングが大切です。過去問に取り組む際も、分量や時間配分を確認して、力を発揮しやすい方法を考えておきましょう。本番まであと少し!応援しています、頑張ってください!

 

 

ホットケーキははちみつ派の「メープル」【農学部・森林科学科/2回生/現役】です。

 

私の受験した農学部森林科学科では小論文試験と面接がありました。小論文対策は、過去問を解いてみて、先生に添削していただきました。面接対策は先生に模擬演習をしていただいて、とにかく面接に慣れるよう努めました。先生にもらった、「面接は受けの良さを狙うよりも、自分の考え・芯をしっかり持って臨むと良いよ」というアドバイスが心に残っています。

志望分野の情報については、よく調べて、自分の考えを深めておくと良いと思います。私の場合、直前期は面接のシミュレーションや、小論文試験のために英語の長文読解の対策をしていました。試験前日は試験のことをあまり考えず、気分転換に北野天満宮に参拝して英気を養い、夜に少しだけ対策をしました。当日の面接は緊張しましたが、意外と和やかな雰囲気で驚きました。終わってみて、達成感はありましたが、「次は一般受験対策だ」という感じで気は抜けませんでした。

特色入試が終わったら、一旦忘れて一般受験に備えましょう。特色はチャンスを増やすための受験で、うまくいけば儲けものだと捉えていました。受験はメンタル勝負だと思います。自分の熱い想いを教授方に十二分に伝えられるよう、自分を信じて、体調には気をつけて頑張ってください!

 

 

今回のメルマガここまで!

 

特色入試を受ける方は、いよいよ1

週間後に迫ってきました。実際に受けた先輩の声を載せたこのメルマガが、皆さんの合格への一歩につながればと思います。心から応援しています!

 

 

次回もお楽しみに!

--------------------

●受験生応援ページトップ↓↓

https://www.welcome-kyodai.com/

現役京大生から回答がもらえる「受験生応援掲示板」、合格者の生の声が聞ける「合格体験記」、「メルマガバックナンバー」などなど、受験生の皆さんに役立つ情報満載です!

 

●保護者用メルマガはこちらから↓↓

https://www.welcome-kyodai.com/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%AC%E7%99%BB%E9%8C%B2/

 

 

●Twitterもやってます。アカウントはこちら↓

@ku_jusapo2021

--------------------

メルマガ運営担当

Mail:jusapo_kyodai@s-coop.net

※メールでのお問合わせへのご回答は日数を頂く場合があります。

 

京大生協からのお知らせでした。