2022京大生協受験生web

工学部地球工学科

京大を志望し始めた時期は、高校に入って初めての模試で、志望大学を書く欄があり、出身が京都で周りがみんなかいてたのもあって正直勢いで京大と書きました。その頃から京大を少しは意識していました。そして部活漬けの日々が終わった頃に真剣に大学について考えた時に、そのまま京大を受験しようと考えました。現役生の頃は入試本番で惨敗しましたが、浪人しても京大に対する憧れを残したままだったので、浪人してもう一度京大を受験しました。

 

勉強方法に関して言うと、現役生の頃は学校で配られる演習プリントをこなし、家では特に復習もせず自分のやりたい教科だけを勉強しているだけでした。しかし、予備校で浪人してからは一新させ、まず授業終わりにテキストの復習を必ず済ませてから、その日に自分のわからなかったことを参考書で確認したり演習で克服して、そして苦手科目を中心に演習を積むようにしていました。得意な理数系よりも苦手な文系に多く時間を当てることで、全体的な偏差値の底上げを図るようにしました。

 

受験期で印象に残った出来事は、浪人してから2回受けた京大冠模試です。夏の1回目の方は、浪人して現役生よりアドバンテージがあった分1年前より遥かに出来が良く、冊子掲載を目標としていたのですが、苦手な国語が足を引っ張ったのもあり、冊子の点数まで2点たりませんでした。自分の中でとても悔いが残ったので、秋の2回目に向けて頑張った結果、ギリギリではありましたが無事に冊子に名前がのることができて、とても嬉しかったのをおぼえています。

 

実際に試験を終えてみた感想としては、1年前よりかは確実に簡単になったように感じました。しかし、今までの自分の成績を踏まえると自分の出来は悪いなと感じていて、合格するかは正直わからないなと感じていました。1年前は出来なさすぎて直ぐに諦めモードにはいったぐらいでしたが、今年は受かって欲しいと願いつつ不安の日々を過しました。結果的に合格していたのは本当に良かったです。

 

最後になりましたが、京大を受験する皆さんには、受験まで何ヶ月かを勉強で埋め尽くすくらいで頑張ってもらいたいと思います。もちろん勉強すればするほど偏差値が上がるかも分からないし、合格するかも分かりません。ただ、合格した人達はほとんど全員努力を積み重ねた上で合格していて、サボってしまうような人が合格する未来などほとんどありません。皆さんも、一生懸命に勉強を積み重ねて、合格出来るよう頑張ってください!応援しています!