2022京大生協受験生web

教育学部

京大入試を終えて

 僕が京都大学の教育学部を志望し始めたのは、高校一年生の冬ごろです。高校に 入った当初は教育学部にいけたなら、大学なんてどこでもいいやと考えながら日々 を送っていましたが、そんな時に塾の担任助手の先生に京都大学に行くことを勧め てくれて、そこでその先生に京都大学の教育学部についていろいろな話を聞いてい くなかで、学部の雰囲気の良さや、教員免許をとる以外にできることの幅の広さに 魅力を感じて、京都大学の教育学部を志望することを決めました。

 僕が受験勉強をする上で一番重要視していたことは、とにかく過去問10年分の1周 目をはやめにといて、いちはやく京都大学の入試問題の傾向と対策を掴んだ上で、 何度も何度も解き直して知識や正しい解き方を身につけるということです。もちろ ん今から受験シーズンを迎える受験生の皆さんの中には、過去問は最後まで大事に とっておきたいと思う人もいると思います。それも1つの手なので、そうすることは 何も問題もありませんが、ある程度塾で先取りの学習を進めていて、知識の定着が 周りの人よりもはやい人は、是非この勉強の仕方を試してみて欲しいです。

 僕が受験期の中で1番印象に残っているのは、仲が良かった友達と一緒の教室で勉 強をしたことです。過去問を一緒にやって点数を競ったり、わからない問題をお互 いに教えあったり、集中力が切れた時に息抜きで何気ないことを話したりして2人で 協力して受験期を乗り越えた1日1日が僕にとっては今ではかけがえのないものと なっています。受験シーズンではしんどいなと思っていたことも、大学生となった 今思い返してみるといい思い出になっていたり、自分に自信をつけてくれるものに なっていたりするので、これから本格的に受験シーズンが始まって受験生の皆さん はしんどく感じることもあるかもしれませんが、めげずに頑張って欲しいです。

 京都大学に合格して今大学生活を送っている中で、最近京都大学の魅力を改めて 実感しています。やっぱり学部内の雰囲気はとても良く、サークル(部活動)は色々な 種類の物があり、自分のやりたいことが見つかる上に、研究や勉強の設備が整って おり、自分の興味がある分野をこころゆくまで学習することが出来る、こんなにも自由で全てが揃っている大学は僕は他に無いと思います。なので、今年受験生の中 で京都大学を目指している皆さんは、このしんどい受験シーズンをめげずに乗り越 えて、一年後京都大学で生活ができるように頑張ってください!また、京都大学を 目指していない人も、自分が目指す大学にはそれぞれ絶対に魅力があるので、第一 志望を貫きとおして頑張って欲しいです!