2022京大生協受験生web

文学部

<志望理由と時期>

高1の進路希望調査時に大学について全く頭になく、高い目標を書いておけばどこにでも通用する力がつくだろうと考え、とりあえず関西で一番レベルが高い大学を選んだ。最終的に高3のオープンキャンパスで大学を訪れ、絶対に通いたいという気持ちになった。 

 

<受験勉強のやり方>

高校や予備校の授業を一番大切にし、分からない問題は心から納得するまで質問したり考えたりした。非常に苦手であった数学は、青チャートを攻略することから始めた。初めのうちは英文や古文を精読することに力を入れていると、徐々に読むスピードが上がっていった。自分の性格を分析し、一番やる気が出てためになりそうな方法を見つけることが大切だと思う。 

 

<受験生時代のエピソード>

元日は勉強をしないと決め、共通テストの会場を下見した。その日は、通常なら(受験生でなければ)そこまで楽しくなさそうな何気ないことに対しても、わくわくする気持ちが生まれた。結局勉強をしないと落ち着かずその日も少し勉強したが、元々遊んで良いと決めていた日であったので勉強をすることがいつもより気持ちよかった。 

 

<試験を終えての心境>

分からなかった部分がたくさんあり不安に思う一方、今の自分にとってこれ以上良い回答はつくれなかっただろうというやり切った清々しさがあった。試験後から合格発表まではこれ以上自分の点数を上げるためにできることは何もない、と気分が下がった一方どのような結果であったとしてもこの期間は楽しんで良いのだと考え遊びまくった。 

 

<入学してよかったこと>

受けたい授業を自由に選ぶことができ、文系でも興味がある理系の分野の授業をとることができて嬉しい。また、周りにレベルが高い方がたくさんいるため、レポートやプレゼンの手を抜こうという気持ちにならず常に頑張り続けようと思える環境がとても良い。 

 

<受験生に一言>

受験時に一番重要なのはメンタルで、強いメンタルを養うには勉強するしかないと思います。本番までは自分の能力を過信せず、甘い勉強になっていないか常に振り返ることが大切だと感じます。勉強時間と勉強の質のバランスが非常に重要で、休憩をいかに取り入れるかが鍵を握ると実感しました(人によりそのバランスは異なると思います)。目標を達成したい時、能力は過信せず自分が立てた目標を達成するためにできる最善のことを積み重ね、目標を必ず達成できるという確信を持てる状態まで努力することが必要だと思います。どのような道に進むかは毎日の自分次第なので、後に過去の自分を責めるのではなく褒めることができるよう後悔しない日々を積み重ねていって欲しいです。